2017年6月30日で「ITライフch」の更新を停止させていただきます。ご愛顧ありがとうございました。

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

革新的なディスプレイの使いごこちは?「Galaxy S8」をすみずみまでチェック

革新的なディスプレイの使いごこちは?「Galaxy S8」をすみずみまでチェック

NTTドコモとau は、2017年夏モデルとして、6月8日にAndroid7.0搭載のスマートフォン「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」を発売しました。その中から、au版の「Galaxy S8 SCV36」について紹介します。

Galaxy S8は、ちょっと特殊な縦横比18.5:9の縦長ディスプレイを採用。画面サイズは約5.8インチなので大画面スマートフォンのように見えますが、特殊な縦横比のため、画面サイズ約5インチのスマートフォンを縦に伸ばしたような形状です。

この縦長ディスプレイのメリットは、横幅が約68mmとコンパクトで持ちやすいことと、Webページやメール、SNSのタイムラインに表示される情報量が多くなることです。

第一印象は「新しい」のひとこと。前面がほぼディスプレイなのはインパクトが大きく、角を落としたデザインに合わせるかのように、画面表示の四隅も角を落として丸く表示されているところに、とくに新しさを感じました。

実際に使ってみると、表示される情報量の多さは使いやすさに直結しており、例えば文字入力のキーボードを表示しても画面が狭くならないのは、これまでにない体験です。

この画面に慣れてしまうと、一般的な16:9のディスプレイでは画面が狭く感じてしまいます。スマートフォンの進化はここにきて鈍化しているとも言われていますが、画面の縦横比の変更でこれだけ使い勝手に影響するのであれば、まだまだ手を加えるべきところがあるかもしれません。

画面の解像度はWQHD+(2,960×1,440ドット)と高精細。これだけの高解像度ながら動作は軽く、ストレスなく動くのはハイエンドのCPUを搭載するQualcomm「Snapdragon 835」のチップセットのおかげと言えるでしょう。

Galaxy S8のディスプレイにおけるデメリットは、これまでのGalaxyシリーズに搭載されていたホームボタンやタッチセンサー式のナビゲーションキーが廃止されたことと、縦長すぎる故に画面上部を片手操作することが難しいことです。

ホームボタンを含むナビゲーションキーは、一般的なAndroidスマートフォンと同じオンスクリーン方式に切り替わりました。これ自体は、特に不便ではないのですが、ホームボタンにあった指紋認証用のセンサーが背面に移動したことで、使い勝手が大きく変化しました。慣れてしまえばどうということのない変化なのかもしれませんが、前機種である「Galaxy S7 Edge」や「Galaxy S6 Edge」ユーザーは、ここが使いづらいと感じるかも知れません。

一方で、前機種の革新的なエッジスクリーンでは、誤タッチで予期せぬ動きをすることもありました。Galaxy S8ではそのようなことがなくなり、緩やかなエッジスクリーンのデザインを継承しつつも使い勝手がよくなっています。

画面上部が操作しづらいという点に関しては、画面を縮小表示する片手モードに切り替えることで対応することができます。片手モードは設定によって、ホームキー3回タップ、もしくは画面下から斜め上にスワイプ操作することで呼び出せます。また、通知の確認だけであれば、背面の指紋センサーを下へスワイプ操作するショートカットも用意されています。

デメリットもありますが、それにまさるメリットがあるため、この新しいディスプレイにはポジティブな印象を持ちました。

カメラは背面にデュアルピクセルオートフォーカス対応の約1,220万画素イメージセンサー、レンズはF1.7で光学手ブレ補正を搭載。前面には約800万画素のイメージセンサーとF1.7のレンズを搭載。

ゆがみや周辺の流れもなく優秀なカメラ機能


近接撮影なら背景をぼかすことも可能

画質や使い勝手に関してはGalaxy S7 Edgeと変わらない印象でしたが、発熱で予期せず終了してしまうことがあったGalaxy S7 Edgeとは異なり、4K動画撮影を安定して行うことができました。

しかしながら、4K動画の撮影時間には10分間という制約が設けられています。Androidスマートフォンの中には、無制限に4K動画を撮影できる機種も増えて来ているため、この制約が残念な部分でもあります。

ハイスペックなCPUと4GB RAMで動作は軽く、余裕の64GB内蔵ストレージでアプリを多く利用する人も安心です。また、指紋センサー以外に虹彩認証や顔認証も可能であるため、使いやすいロック解除方法を選ぶことができます。ただし、明るい屋外では虹彩認証に失敗することもあったので、ロック解除にはこうした影響を受けない指紋認証が安定していると言えます。

ひと通り使ってみて、Galaxy S8は、使い勝手がよく、満足度の高いスマートフォンだと感じました。専用アクセサリーとして発売されているVRゴーグル「Gear VR with Controller」では、ゲームや映像の新しい体験ができます。こちらもおすすめです。

【関連記事】

この記事の執筆者

mi2_303

mi2_303

ゲーム業界からウェブデザイナーなどを経てフリーに転身。スマホやタブレット、PC、音楽制作やカメラなどの趣味を生かして執筆をしている。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

革新的なディスプレイの使いごこちは?「Galaxy S8」をすみずみまでチェック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

カテゴリ