2017年6月30日で「ITライフch」の更新を停止させていただきます。ご愛顧ありがとうございました。

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

拡張機能に注目!パワーアップして使いやすくなったモトローラ「Moto Z2 Play」

拡張機能に注目!パワーアップして使いやすくなったモトローラ「Moto Z2 Play」

モトローラ・モビリティ・ジャパンは20日、都内にて新製品発表会を開催しAndroid搭載SIMフリースマートフォン「Moto Z2 Play」を6月29日に発売すると発表。また、Moto Z用の拡張モジュールとして「Turbo Powerパック」と「ワイヤレス充電キャップ」も発売されます。

新製品の紹介の前に、Moto Zについて説明しておきましょう。モトローラのスマートフォンには低価格な「Moto X」、パフォーマンスモデルの「Moto G」、フラグシップとなる「Moto Z」の3つの製品群があります。

今回発表されたMoto Z2 Playは、Moto Zシリーズのなかでもミドルクラスである「Moto Z Play」の2世代目となるモデルです。上位機種には、ハイエンドCPUを搭載する「Moto Z」があります。

Moto Zシリーズの特徴のひとつが、マグネットで着脱可能な「Moto Mods」と呼ばれる拡張モジュール。このMoto ModsはMoto Zの背面に取り付けることで、例えば望遠ズームを搭載するカメラモジュールや、スマートフォンの画面をプロジェクターに投影するモジュールなど、さまざまな機能を拡張することができます。

スマートフォンはデザインや機能などで選ぶことが多いなか、Moto Zは自分が使いたいスマートフォンへと、簡単に機能拡張ができるコンセプトのスマートフォンです。

Moto Z2 Playは、剛性感のあるメタル外装に5.5インチFHD(1080×1920ドット)SuperAMOLED(有機EL)を搭載。カラーは「ルナグレー」「ファインゴールド」「ニンバスブルー」の3色。

CPUにはQualcomm「Snapdragon 626(MSM8953 PRO)」(オクタコア)を採用し、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージ、microSDXC128GB対応と、最近のスマートフォンのトレンドでもある大容量RAMと内部ストレージを搭載しています。

大容量RAMは、アプリの切り替えや、Moto Mods向けのアプリケーションの動作に安定性をもたらすものとして期待されます。

Moto Modsを使用しないときは付属のリアカバーを取り付けます。このリアカバーは着せ替えが可能。「Moto Style Shell」として別売りされ、木目調やファブリック調などのものが用意されています。素材によって手触りが異なるため、自分の手にあったMoto Style Shellを選ぶことも楽しみのひとつになるでしょう。

Moto Modsの代表的な製品と言えば、ハッセルブラッドの高額10倍ズームレンズを搭載したカメラモジュール「Hasselblad True Zoom」です。このMoto Modsにはシャッターボタンやズームレバー、電源スイッチを搭載。Moto Z2 Playで操作することなく、デジカメ感覚で写真撮影が楽しめます。撮影した写真はMoto Z2 Playに保存されるので、すぐにSNSに投稿したり、アプリで編集したりすることも可能。

今回、Moto Z2 Playと同時発表となったのが、Qi(チー)によるワイヤレス充電を可能とするアダプター「ワイヤレス充電キャップ」です。ユニークなのは素材の質感だけではなく、デザインにも力を入れて、単なるワイヤレス充電用のアダプターで終わらせていないところ。便利な機能で、女性にも使ってほしいという意図があるようです。価格は4,680円、発売は7月中旬の予定。

そしてもうひとつが、ヘビーユーザーのための外部バッテリー「Turbo Powerパック」です。Moto Z2 Playには3,000mAhのバッテリーを搭載していますが、Turbo Power パックにはさらに3,490mAhのバッテリーを搭載しており、バッテリー残量が少ないときには最大15WでMoto Z2 Playを急速充電することができます。

また、バッテリー残量を常に8割程度に保って充電する「効率駆動モード」も搭載。ヘビーゲーマーや出張など外に出ている時間が長いユーザーにオススメのMoto Modsです。価格は9,800円、発売は7月1日の予定。なお、新しいMoto Modsは従来のMoto Zシリーズでも利用可能です。

写真ではモトローラのロゴがオレンジですが、製品版では他の製品と同じグレーに変更されるとのことでした。

Moto Z2 Playにはスマートフォンを便利に使うための便利な機能も盛り込まれています。振り下ろすジェスチャーでLEDライトのオン・オフができたり、手首をひねるとカメラが起動したりするなど、いざという時に役立つ機能です。

前面の指紋センサーには、タッチでホームキー、左右のスワイプで戻る操作やアプリ履歴画面などを呼び出せる「ワンボタンナビ」を搭載。意外と便利だと感じたのは、指紋センサーの長押しで画面がロックできる機能です。ロック解除もロックも指紋センサーだけで行えるので操作が楽になります。

本体には背面にF1.7レンズの1200万画素カメラ、前面には広角レンズの500万画素カメラを搭載しています。カメラ機能には、オートモードや様々な撮影設定が行えるプロフェッショナルモード、4K動画撮影や、動画配信を行うためのライブストリーミング機能などがあります。

発表会では、夏移行発売予定の「moto GAMEPAD」も披露されました。2つのスティックと方向キー、4つのボタンを搭載する本格的なゲームパッドです。

Moto Z2 Playの価格は53,800円。ミドルクラスのスマートフォンとしては高めの価格設定ですが、他のスマートフォンでは楽しめないMoto Modsで拡張できる点が強みだといえます。今後のさらなるMoto Modsの進化にも期待したいところです。

※文中の価格は、すべて税抜です。

【関連記事】

この記事の執筆者

mi2_303

mi2_303

ゲーム業界からウェブデザイナーなどを経てフリーに転身。スマホやタブレット、PC、音楽制作やカメラなどの趣味を生かして執筆をしている。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

拡張機能に注目!パワーアップして使いやすくなったモトローラ「Moto Z2 Play」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

  • http://join.biglobe.ne.jp/mobile/3g/campaign/ を見てよくわからないのですが、 なぜ「スマホ」ではなく「ほぼスマホ」なのでしょうか? スマホの定義がいまいちよくわからないのですが あの女の人が...

  • スマホを購入するためオークションを見ていると 以下のスマホでも入札があったりします。 なぜこれを購入したいと思うのでしょうか? 不思議なので質問させていただきました☆ 1・利用...

  • スマホを使っている時間でできること 最近電車でもカフェでも、歩いている時も、 スマホを見ている人が多くなってきました。 スマホ普及前の人はこんな時何をしていたのでしょうか。 ...

  • スマートフォンでネット検索中、出てきた電話番号をタップして電話を掛ける方法を調べております。 そのサイトは他のスマホではタップして、電話が発信できます。 できるスマホとでき...

  • 就職が決まり、手軽に情報検索(地図、ニュース等)するにはスマホの方が適するのではと考えています。 街を歩いてもほとんどの方が所有しているように感じました。 しかし、 ・ほんとに...

カテゴリ