[特集]小さなロボットで子どもたちにプログラミング教育を

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。
Q&Aでは一般の回答者とともに専門家も回答します。
ITにまつわる疑問や困ったことはここで解決しましょう!!

安く、お得に旅行するには?旅行サイト比較・総まとめ

安く、お得に旅行するには?旅行サイト比較・総まとめ

旅行の予約をネットでする時代になりました。しかし、数えきれないほど存在する旅行サイトのうち、どれをどのように使ったら安く、楽しく旅行できるのでしょうか。各旅行サイトの特色を比較してみました。

1.旅行サイトとは?

旅行サイトとは?

心がときめく「旅行」という言葉。プランを考えるだけでわくわくしてしまいます。貴重な休日を心行くまで楽しむために、なるべく安くお得に、理想の旅行を実現したいものです。

以前は、予約時は旅行代理店に足を運び、対面でツアーやホテルを選ぶのが一般的でした。しかし、最近はネット上にさまざまな旅行サイトが登場しています。どのサイトを、どのように使うと理想の旅行ができるのか。旅行サイトの特徴や、おすすめポイントを解説します。

▲ 目次に戻る

1-1.旅行サイトで予約すると本当に安い?

まず気になるポイントは「旅行サイトで比較して予約すると、本当に安いの?」ということでしょう。その可能性は大だといえます。

旅行代理店で予約していた頃は、窓口に代理店の担当者がおり、店頭で予約した場合は取り扱い手数料を支払わなければなりませんでした。こうした担当者の人件費については、電話予約でも同様です。インターネットではこれらの費用がかからない分、利用者に還元できる傾向があります。

しかし、旅行会社やホテルにとっては、旅行サイト特有のプレッシャーもあります。ほとんどのサイトでは、掲載各社のプランをひと目で比較でき、価格やプランの内容が利用者に一目でわかってしまいます。さらに口コミで批判されてしまい、世間の目にさらされることに。あらゆる面で常に競合と比較されてしまうのです。もっとも、消費者にとっては、いい時代になったと言えるかもしれません。

▲ 目次に戻る

1-2.旅行サイトの比較ポイント

いざネットで予約をしようと思い立って検索しても、本当にさまざまな旅行サイトが存在しおり「どれを使えばいいのかわからない」と頭を抱えてしまったかたもいるかもしれません。そこで、旅行サイトを見分けるための比較ポイントからお伝えします。

まず「口コミだけを見たいのか、実際に予約したいのか」という点です。行き先が決まっているのか、まだ決まっていないなのかによって、見るべきサイトは変わってきます。「どこに行こうか」「何を食べようか」と迷っている段階で、「評判のよい観光地やレストランを調べたい」のであれば口コミに強いサイトから調べましょう。

目的地が決まっているのであれば、実際に予約可能なサイトを訪れることになります。「いざ予約」という段階で考えなくてはならないのは「パック旅行か、個人手配か」という点です。旅行の初心者であれば、パック系が充実したサイトでお得なプランを選ぶとよいと思います。反対に「お気に入りの航空会社の午前便で出発したい」「景色のよい有名な鉄道に乗りたい」「有名旅館に泊まりたい」などのこだわりがある場合は、それぞれの手段に強いサイト経由で個別に予約したほうが満足できる可能性が高いでしょう。

予約サイトによっては、国内と海外の両方に強いところもあれば、そうではないところもありますので、注意が必要です。本当に安く、満足度の高い旅行をするためには、各サイトの特徴をつかんで使いこなすことが必要です。

▲ 目次に戻る

2.航空券、宿泊、すべて完結!「総合/パック系」

航空券、宿泊、すべて完結!「総合/パック系」

実際に旅行のどんなシーンで、どんなサービスがおすすめなのか、具体的に見ていきましょう。

とにかく手っ取り早くしかも安く旅行を予約してしまいたい。そんなかたにおすすめなのが、1か所ですべてが完結する「総合/パック系」サイトです。以下では、具体的なおすすめサイトと特徴をあわせて紹介します。

▲ 目次に戻る

2-1.楽天トラベル

楽天トラベル

旅行サイトの中でも、人気があるのが楽天トラベルです。調査サイトのヴァリューズが昨年夏に実施した調査によれば、国内系旅行サイトで最も訪問者が多かったのは楽天トラベルで、実に1,000万人を突破しています(2016年6月の訪問者数)。

人気の秘密は海外/国内の航空券、ホテルなどの豊富な掲載数です。ホテルによっては楽天トラベル限定の宿泊プランを用意しており、ウェルカムドリンクや独自のアメニティを提供してくれるもの、特別なコース料理がつくもの、レイトチェックアウト付きなどさまざまです。しかも、プランの充実度と比較して、お値段は安いことが多いです。

検索機能も充実しています。例えば海外旅行の検索であっても「海外ホテル」「海外航空券」「海外ツアー」と3パターンの検索ができ、あらゆるニーズに対応です。さらに口コミも充実しており、「お客さまの評価が高い順」に並び替えることもできます。

楽天会員であれば「楽天ポイント」を貯められる、使えるだけでなく、ログイン後、会員ランク表示の下に「特別ご招待」のリンクが表示されます。このご招待プランは、表に出ているものより更に充実した内容のものが多いので要チェックです。
※掲載内容は会員ランクによって変わる可能性があります。

楽天トラベル

【関連記事】
旅行で活用したい!地味だけど“絶対に”役立つサービス

▲ 目次に戻る

2-2.じゃらんnet

じゃらんnet

楽天トラベルに次いで訪問者数が多いのが「じゃらんnet」。トランクを携えた猫のキャラクター「にゃらん」をご存知のかたも多いでしょう。調査会社ヴァリューズの昨年夏の調査では、サイトを訪れた人の数は910万人(2016年6月の訪問者数)と、楽天トラベルに並ぶ人気の旅行サイトです。

じゃらんでも国内/海外の航空券やホテル、ツアー予約はここだけで完結できます。
楽天トラベルと同様で、限定の宿泊プランもあります。

「国内」と「海外」のタブを比較すると「国内」は「宿・ホテル予約」から「遊び・体験予約」「航空券」まで8つのタブがあるのに比べ、「海外」は「海外ホテル」「海外航空券」「航空券+ホテル」の3つと非常にシンプル。特に国内に力を入れているようにも見えます。

連携しているのは「Pontaポイント」で、ログインして予約するとポイントが貯まります。予約時に使うこともできます。

「楽天トラベル」と「じゃらんnet」は機能的にはほぼ同じです。どちらを使うかは、貯めているポイントの種類などによって選ぶとよいかもしれません。

じゃらんnet

▲ 目次に戻る

2-3.Yahooトラベル/Tトラベル

Yahooトラベル/Tトラベル

サイト訪問者数で第3位になったのがYahooトラベル(2016年6月、ヴァリューズ調べ)。「楽天トラベル」「じゃらんnet」と同様、交通手段からパッケージまで検索し、最適なプランを選ぶことができます。Tポイントがたまるので、Tポイントを集めている人は使ってみるとよいかもしれません。「Yahooトラベルプラン」であれば還元率は5%以上と、お得なプランといえます。

Yahooトラベル

Tポイントが貯まるサイトとしては、Tトラベルがあります。利用金額の200円(税込)につき1ポイント、または、海外ホテル予約1件につき300ポイントが貯まるというもの。Tポイントを貯めたい方は、賢く使い分けてみるといいかもしれませんね。

Tトラベル

▲ 目次に戻る

2-4.Expedia

Expedia

これまで紹介してきた上位3サイトに比べて、独自の強みを持っているのがExpediaです。こちらは海外企業が展開するサービスで、主に海外旅行者に人気があります。

航空券や現地ツアー予約も可能ですが、Expediaの特徴は「最低価格保証」。Expediaでホテルを予約した後 、24 時間以内に他のサイトでより安いプランを見つけた場合、20,000 円を上限として差額の 2 倍を返金してくれます。世界のホテルを対象に、返金サービスがあるとは驚きです。それだけ「安さ」には自信があるということなのでしょう。

もっとも、返金サービスを利用する場合はそれなりに厳しい条件があります。日程などが全く同じでなければならず、さらに一般サイト上に公開されているプランでなければなりません。購入が確定するまで施設、旅程、予約詳細が明らかにならないサイトなどは対象外になりますので注意してください。

Expedia

【関連Q&A】
エクスペディア等のサイトでホテル予約した事がある方に質問

▲ 目次に戻る

3.ここでしか予約できない便がある!「交通系」旅行サイト

ここでしか予約できない便がある!「交通系」旅行サイト

つぎに交通系の企業が提供するサービスについてご紹介します。航空会社であれば、もちろんマイルを貯めたり使ったりできるメリットがあります。

▲ 目次に戻る

3-1.JAL/ANA

JAL/ANA

JALとANAには、それぞれ自社サイト上で航空券と国内ツアー、海外ツアーを予約することができます。航空券と宿泊をセットにした「ダイナミックパッケージ」(JAL)や「旅作」(ANA)であれば、自分が乗りたい飛行機の便を指定できます。

これだけでは「楽天トラベルやじゃらんnetとかと、特に変わらないのでは?」と思う人もいるかもしれません。ポイントやマイルが貯まるといっても、今はいろいろなポイントサービス、マイレージサービス間で相互に交換が可能になっています。交換レートの違いなどはありますが、どのサイトを使うかの決め手にまではならないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、交通系サービスを使うことには、大きなメリットがあります。

例として、4月2日に東京羽田から、那覇に旅行したいとします。楽天トラベルとJALで、それぞれ同じ条件で検索をかけてみました。すると、同じ日程で検索しているのに、予約可能な座席数に大きな違いがあることがわかりました。

JAL/楽天トラベル比較

特に、7時30分東京羽田発、11時過ぎに那覇到着という、出発日もたっぷり遊べる便は楽天トラベルには表示されていません。

このように、総合系サイトが人気を博していても、最もよい条件の便やプランは、自社サイトだけで提供している旅行サイトも多いのです。「自社サイトに一番よいプランがある」。これは交通系に限りませんので、覚えておくとよいかもしれません。

JAL
ANA

【関連記事】
アプリ「ANA」がリニューアル!ホーム画面でのサポート機能を充実

▲ 目次に戻る

3-2.JR東日本(えきねっと)

JR東日本(えきねっと)

交通系のサイトでは、JR東日本が提供する「えきねっと」があります。もちろん交通手段は列車ですので、国内に限られてしまいますが「金曜日は列車で気軽に旅行に行こう!」といった鉄道会社ならではの企画も。電車で旅に出たくなった時には、こちらのサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。

JR東日本(えきねっと)

▲ 目次に戻る

4.パッケージツアーが安い!「旅行代理店系」旅行サイト

パッケージツアーが安い!「旅行代理店系」旅行サイト

次に、旅行代理店系サイトについて比較します。

旅行代理店系の特徴は、なんといっても取り扱いプランの豊富さと、かゆいところに手が届くような至れり尽くせりのサービスではないでしょうか。日本人が個人旅行をするようになったのはわりと最近のことです。そのため、以前から旅行業を営んでいる旅行代理店系サイトには、なんといってもパック旅行が豊富です。

では、具体的にどんなサイトがあるのか見ていきましょう。

▲ 目次に戻る

4-1.HIS

HIS

HISのイメージといえば、なんといっても安さではないでしょうか。「初夢フェア」などと銘打った、お得な海外旅行のパッケージ商品を販売していることもあります。

航空券やホテルを単独で予約することもできますが、やはりパッケージツアーが得意な印象を受けます。特に、海外旅行のツアーに力を入れているようです。

実際にどれくらい安いのか、ためしに、ソウルの海外ツアーで検索してみると、最安値はなんと3日間のツアーで14,800円です(2017年3月末時点)。航空券、宿泊費込みでこの価格は、個人手配ではなかなか実現できない安さだといえるでしょう。「とにかく安く海外旅行をしたい!」というかたにはぴったりと言えます。

もちろん、航空券やホテルランクのグレードアップは空きがあれば自由に選択できますので、ラグジュアリーな旅行をしたいかたにも対応可能です。

HIS

▲ 目次に戻る

4-2.JTB

JTB

旅行代理店系で有名なのがJTBです。HISが海外に強い一方で、JTBは国内旅行に強みがあります。

特にJTBは、国内旅行のカテゴリの中に「レストラン」のタブも設置されており、「人気お花見スポット周辺のレストラン2017」「眺望抜群の夜景レストラン10選」などの特集が並んでいます。こと国内に関しては、交通手段から宿泊予約、観光、レストランまで、ユーザーのニーズに一気通貫で応えようという意図がうかがえます。

参考までに、HIS同様、海外ツアーからソウルを検索してみたところ、JTBの最安値は3日間のツアーで15,800円でした。海外旅行の安さに関しては、やはりHISに軍配が上がるようです。

JTB

【関連Q&A】
一番安い旅行会社

▲ 目次に戻る

5.豪華ホテルや温泉宿。特徴さまざま「宿泊予約系」旅行サイト

豪華ホテルや温泉宿。特徴さまざま「宿泊予約系」旅行サイト

ここまでは、交通手段から宿泊まで、トータルで予約できる旅行サイトを中心に紹介してきました。ここからは手段別に、特色のある旅行サイトをご紹介していきます。 まず、宿泊予約です。旅の計画で重要なポジショニングを占めるのが「宿」。できるなら理想の宿に安く泊まりたいものです。温泉宿、リゾートホテル、あるいは現地の民家に興味のあるかたもいるでしょう。近年ではユニークなサービスが続々と登場しています。そこで、それぞれの特色を説明します。

▲ 目次に戻る

5-1.一休

一休

宿泊予約ができる旅行サイトとしては老舗です。サイトには美しいホテルや観光地の画像が複数掲載されており、ラグジュアリーな印象を受けます。国内/海外両方のホテル予約に対応しています。

掲載されているホテルも、スタンダードクラス以上のホテルが大半を占めます。「宿やホテル重視で、優雅に大人の休日を過ごしたい」という人に向いているサイトです。

一休

【関連Q&A】
ホテル直接か格安サイト経由か?

▲ 目次に戻る

5-2.yoyaQ.com

yoyaQ.com

「yoyaQ.com」は価格ドットコムが運営する宿泊予約サイト。「最大80%割引」など、とにかく安さを前面に打ち出したサイトになっています。予約できるのは国内宿泊のみです。

例えば、安さ重視の特集だけをとっても「○月宿泊分限定ファイナルセール」「直前売り切り格安プラン」「当日予約限定プラン」「短縮割引ステイプラン」といったように、さまざまな切り口のものがあります。観光などでホテルは寝るだけといった人や、飛行機の時間などが理由でチェックイン/チェックアウトが通常の時間より早かったり遅かったりしてもよいという人には適しているかもしれません。

「ホテルは滞在のみ」という人でも、たまたま高級ホテルのキャンセルが出て、お得なプランが掲載されている場合もあります。一度チェックしてみるとよいでしょう。

yoyaQ.com

▲ 目次に戻る

5-3.booking.com

booking.com

安さ重視で、海外ホテルの宿泊予約に強いのが「booking.com」です。Expedia同様、宿泊ホテルの最低価格保証サービスを備えていますが、Expediaとは異なり航空券などの予約機能はありません。また、ホテルの口コミ数も多く、総口コミ件数は7,000万件以上(2017年3月末時点)。海外ホテル予約の際は、参考にできそうです。

難点があるとすれば、サイトに掲載されている日本語の不自然さです。自動翻訳機能を使っているのか、少々不自然に感じられる文章が、時々見受けられます。「このサイトで予約して、本当に大丈夫なのだろうか」と少々不安になってしまうかたもいるかもしれません。

booking.com

▲ 目次に戻る

5-4.ゆこゆこ

ゆこゆこ

温泉宿に特化した宿泊予約サイトが「ゆこゆこ」です。とにかく、温泉付きの宿やホテルに泊まりたい!という人におすすめ。「風呂評価の高い宿」「接客評価の高い宿」といったように、ゆこゆこならではの検索も可能です。

ゆこゆこ

▲ 目次に戻る

5-5.cansell

cansell

昨年スタートした、一風変わった宿泊予約サイトが「cansell」です。こちらのサイトで取り扱っているのは、直接ホテルを予約するのではなく、ホテル予約の権利をユーザー間で売買できるサービスです。

急な仕事や、急病などで、せっかく予約したホテルに行けなくなってしまった、という経験をしたことがあるかたもいるでしょう。そんな時に使えるのが、このcansell。利用者は、サイトを通じて利用者どうしで宿泊予約権を売買できます。高額なキャンセル料を支払わなければならなかったはずが、ほかのユーザーに本来の宿泊費より安くその権利を売ることで、費用を節約できるかもしれません。権利を購入した側は安く宿泊できますし、ホテル側も権利を買い取ったユーザーから本来の宿泊代金を支払ってもらえるので、お互いに得をするわけです。

「ホテル側が認めてくれるの?」「出品者の気が変わったら?」と不安に思う人もいるかもしれません。しかし意外なことに、国内のホテルでは予約後の名義変更を認めているところが多いため、Cansellのようなサービスは思いのほか歓迎されているようです。手厚いカスタマーサポートの体制が敷かれており、宿泊予約の権利を売買するための事前審査があり、もしもの時には緊急電話サポートを受けることができます。それでも万が一に宿泊できないという事態が起こった場合は、近隣の宿泊先を探してくれるとのことです。

cansell

▲ 目次に戻る

5-6.Airbnb

Airbnb

2008年に米サンフランシスコで設立されたAirbnb。いわゆる民泊サイトのはしりで、現在は世界190か国以上で展開されているサービスです。

安く宿泊できるのはもちろん、ホテルとは違う地元の暮らしや文化を体験できる、オーナーやその家族と交流できるといった点が、特に若い旅行者の人気を集めています。しかし、Airbnbは、これまでご紹介した中で最も難易度が高いサービスかもしれません。無事宿泊できたとしても、設備のメンテナンス不備、近隣住民とのトラブル、不慮の事故が起こった際の責任の所在等、懸念点は残ります。万が一何か発生したとしても、自分で解決できる人向けのサービスと言えます。

Airbnb

▲ 目次に戻る

5-7.各ホテルの自社サイト

各ホテルの自社サイト 画像:ヒルトン・ホテルズ&リゾート

忘れてはならないのがホテルの自社サイトです。航空会社系の旅行サイトでも紹介したとおり、一押しのものや繁忙期の宿泊プランなどは、自社サイトでしか公開していないホテルもたくさんあります。「格安旅行サイトよりも高いのでは」と思われるかもしれませんが、そうとは限りません。米国の高級ホテル「ヒルトングループ」や「モントレグループ」などは自社サイト経由の予約で「最低価格保証」を掲げています。泊まりたいホテルが決まっている場合は、まずそのホテルのホームページを訪れてみるのもひとつの方法でしょう。

ヒルトン・ホテルズ&リゾート
ホテルモントレグループ

▲ 目次に戻る

6.一括比較で最安値がわかる!「まとめ/比較系」旅行サイト

一括比較で最安値がわかる!「まとめ/比較系」旅行サイト

まとめ/比較系旅行サイトについても簡単に紹介しておきます。これらのサイトは、いわば「旅行サイトのまとめサイト」。これまでご紹介してきた複数のサイトを横断で、一括検索できるというすぐれものです。

▲ 目次に戻る

6-1.トラベルコ

トラベルコ

「理想の旅を、いちばん安く」をうたう一括比較サービス。楽天トラベルやHIS、Expediaなど国内外350以上の旅行予約サイトと連携しており、最安プランが一目でわかります。国内/海外いずれにも対応しており、航空券もホテルも比較できます。

難点は、検索結果が表示された時点では、表示されたプランに空席があるのかわからない、という点です。特に人気観光地行きの航空券などは、「安いプランが見つかった」と喜び勇んで「予約」に進み、いざ空席照会をすると埋まっていたりすることがあります。こうした作業を繰り返していくとだんだん疲弊してきます。やっと空席のあるプランを見つけても、そんなに安くなかったということもあります。

相場の把握に使うのに向いているサイトだといえるのかもしれません。

トラベルコ

▲ 目次に戻る

6-2.Trivago

Trivago

国内/海外の格安ホテルを一括検索できるサービスです。こちらは表示された時点で空室数が表示されます。最低価格保証サービスも導入しているようです。

Trivago

▲ 目次に戻る

7.目的地が決まっていない時に使える「口コミ系」旅行サイト

目的地が決まっていない時に使える「口コミ系」旅行サイト

最後に、口コミに強い旅行サイトを紹介します。まだ行きたい場所やホテルが決まっていない時、参考にするとよいでしょう。近年では口コミ閲覧だけでなく、実際に予約できる機能も備えているようです。

▲ 目次に戻る

7-1.トリップアドバイザー

トリップアドバイザー

世界各国のホテルや観光地、レストランの口コミが豊富。日本語以外の言語で投稿された口コミも、日本語に訳して表示してくれます。以前はかなり不自然な日本語も表示されていましたが、かなり改善されたようです。 もっとも、あくまで口コミなので、完全に信用してしまうのは危険かもしれません。ある海外の観光地で、トリップアドバイザーで口コミダントツ1位のレストランに入ったところ、食事が終りかけたころに店のスタッフから「今トリップアドバイザーに口コミを書けばデザートをサービスする」「目の前で書いてくれ」と何度も頼まれて困ったことがあります。周囲の旅行者の中には、根負けして書いている人も見受けられました。このようなケースもありますので、心得ておくとよいでしょう。

トリップアドバイザー

【関連Q&A】
トリップアドバイザーというサイト

▲ 目次に戻る

7-2.4travel.jp

4travel.jp

4travel.jpは口コミメインのサイト。投稿者による旅ブログのような「旅行記」が面白いサイトです。ほとんど日本人が記入しているもので、意外な場所やお店の口コミが見つかったりします。かなりめずらしい場所の口コミも載っていることがあり、ながめているだけでも楽しいでしょう。 国内、海外の航空券やホテル、ツアーの比較や予約も行うことができます。

4travel.jp

▲ 目次に戻る

8.まとめ

まとめ

以上、数々の旅行サイトをご紹介してきました。うまく活用すれば、とても便利です。しかし、使う場合の注意点も心にとどめておいてください。海外のサイトを利用する場合、日本のサイトが提供しているサービスに比べ、サポート体制が手薄いケースも多々あります。緊急事態が起こっても電話窓口がなかったり、あってもつながらなかったり、日本語が通じなかったりします。そういったリスクがあっても自分は大丈夫なのか、よく考えてから利用しましょう。自信がない場合は、多少値段が高くても、自分が安心できるサイトから予約したほうがよいといえます。

特色を知った上で旅行サイトを選択すれば、きっと安くて、お得な旅行を実現できるでしょう。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

チア みどり

チア みどり

 

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

安く、お得に旅行するには?旅行サイト比較・総まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

一般の回答者とともに、専門家も回答します!
気軽に質問してみましょう!

Q質問する(無料)

カテゴリ