[特集]小さなロボットで子どもたちにプログラミング教育を

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。
Q&Aでは一般の回答者とともに専門家も回答します。
ITにまつわる疑問や困ったことはここで解決しましょう!!

オススメのMVNOの格安SIM比較まとめ ~スマホにかかる費用を安く抑えたい~

オススメのMVNOの格安SIM比較まとめ ~スマホにかかる費用を安く抑えたい~

今や日常生活に欠かせないツールとなったスマホですが、通信料の高さに悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。けれども、キャリアのプランは違いがあまり明確ではなく、料金で比較するのは難しいのが現状です。そこでおすすめしたいのが、MVNOが提供している格安SIM。各社がさまざまなプランを用意していますので、じっくり比較検討し、自分に最適なプランを探しましょう。

1.MVNOとは?

MVNOとは?

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略で、独自の通信回線を持たず、キャリアから借りた回線で通信サービスを提供している事業者のことです。MVNOが提供している格安SIMをスマホに挿して使用すれば、キャリアと比べ割安な料金でデータ通信をすることができます。

MVNO各事業者は独自のプランを用意して、しのぎを削っています。そのため、キャリアに比べ、自分に合ったプランが見つかりやすい傾向があります。

【関連記事】
最近よく聞く「MVNO」とは?格安でスマホを使いたいかた必見!

▲ 目次に戻る

2.スマホ代が安くなるって本当?

スマホ代が安くなるって本当?

料金だけで見れば、基本料が数百円のプランもあるため、かなり安く思えるかもしれません。けれども使い方によっては、結果的にキャリアのプランより割高になってしまうこともあり得ます。「安いから」というだけで飛びつくのは危険です。

使っているスマホによっては格安SIMを利用できないこともあります。キャリアが提供しているスマホは「SIMロック」がかかっているものがほとんどのため、MVNOと契約して格安SIMを挿しただけでは使えないことがあるのです。比較検討して選んだMVNOが自分の端末で使えるかどうか、また、使えない場合はSIMロックを解除できるかどうかについては、契約前にしっかり確認しておきましょう。

▲ 目次に戻る

3.データ通信専用SIMと音声通話機能付きSIMどちらを選ぶ?

データ通信専用SIMと音声通話機能付きSIMどちらを選ぶ?

格安SIMを比較検討するために避けて通れないのが、「データ専用プランと音声通話機能付きプランのどちらを選ぶか」ということです。この2つの違いはかなり大きく、自身の使い方をしっかり把握する必要があります。

▲ 目次に戻る

3-1.データ通信専用SIMについて

データ通信専用とは、通話ができず、インターネット通信にしか使えないということです。キャリアのスマホに慣れていると考えにくいかもしれませんが、「090」や「080」で始まる番号への音声通話ができなくなります。

しかし、データ通信専用SIMにすることで、音声通話がまったくできなくなるわけではありません。データ通信専用SIMで音声通話をする方法はふたつあります。

ひとつめは、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを使用することです。相手も同じアプリを使っていれば無料で使え、有償で携帯電話番号や固定電話にかけることもできます。

ふたつめは、IP電話アプリを使う方法です。IP電話とは、インターネット回線を利用して行う音声通話サービスで、MVNOが独自で用意しているものもあれば、IP電話のみを他社と契約することもできます。こちらは「050」で始まる電話番号も取得することができます。

もちろん、音声通話機能がついているSIMに比べ、データ通信専用SIMはかなり安価に設定されています。通話をLINEなどの無料通話アプリでしか行わない人にとっては、かなり魅力的でしょう。ただし、普通のデータ通信専用プランにしてしまうと、SMS(ショートメッセージサービス)の利用もできなくなってしまいます。SMSはLINEをはじめ、などさまざまなサービスの認証に利用されているので、不便に感じることがあるでしょう。データ通信専用SIMにSMSをオプションとしてつけられるMVNOもありますので、比較の際には参考にしてください。

なお、格安SIMはスマホだけではなく、タブレットやモバイルWi-Fiルーターなどの端末にも使用することができます。モバイルWi-Fiルーターなどの通話機能がない端末に格安SIMを使用するのなら、データ通信専用SIMを選択すべきです。音声通話ができないタブレットに、音声通話機能付きSIMを使用したところで、音声通話機能付きSIMの意味がありません。

▲ 目次に戻る

3-2.音声通話機能付きSIMについて

一方、音声通話機能付きのSIMはキャリアで使っていた番号を、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)によって引き続き使え場合が多いです。キャリアのスマホを使っていた時とほぼ変わらない使い方ができますし、新たに番号を周知させる必要もありません。

ただし、キャリアにあるような通話し放題のプランは、格安SIMにはありません。たいていの場合、普通に電話すれば30秒あたり20円の通話料金がかかってしまいます。うっかり長電話してしまうと、キャリアのプランより高額な通話料を請求されてしまうので要注意です。中には専用アプリを使うことで比較的低額に抑えることができたり、「○○分までは通話低額」というプランを用意したりしているものもありますので、検討中のMVNOが音声通話料金の高さに対してどのような対策をしているか確認しておくとよいでしょう。

音声通話機能を付けていると、無料通話アプリやIP電話アプリのデメリットのひとつ「警察消防の緊急通報(110、119)にかけることができない」をクリアすることができます。緊急事態に備えるためには、音声通話機能付きSIMをおすすめします。

【関連記事】
格安SIMの強い味方!スマホの「IP電話アプリ」について

▲ 目次に戻る

4.MVNO各社のサービスと特徴

MVNO各社のサービスと特徴

代表的なMVNO事業者の特徴を紹介します。

▲ 目次に戻る

4-1.mineo

mineo

mineoはドコモ回線とau回線の2つの回線を借り受けており、プランもドコモ回線を使う「ドコモプラン(Dプラン)」とau回線を使う「auプラン(Aプラン)」があります。データ通信専用SIMには値段の差がありませんが、音声通話付きはauプランの方が90円安くなっています。

基本データ容量は500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5種類です。データ通信しかできないシングルタイプの場合、ドコモプランは120円で、auプランは無料でSMS機能をつけることもできます。

通話料は20円/30秒ですが、申し込めば通話定額も利用できます。ただ、最大で60分までしか使えませんので長電話は禁物です。また、mineoは家族割や複数回線割を導入しており、契約する各回線がそれぞれ50円ずつ安くなります。スマホやモバイルルーターなど、端末とセットになったプランもあるなど、さまざまなニーズに応じたプランが用意されています。

また、mineo特有の珍しいサービスとして、ユーザー参加型コミュニティ「マイネ王」があります。マイネ王では利用ユーザーやmineoスタッフと交流でき、Q&Aや掲示板も盛況です。ある程度の疑問であれば、マイネ王上で解決できそうです。「MVNOはサポートが手薄で心配」という人にもおすすめできるサービスです。

mineoには事前購入できるプリペイドSIMもあります。そのため、そちらで使用感を確認し、気に入ったら月額プランに変更するということも可能です。プリペイドSIMは月額プランに比べてかなり割高ですが、契約が不要な上、プラン変更の際の事務手数料3,000円が無料になります。

mineo

【関連記事】
家族で使うならmineoがオススメな理由(格安SIM乗換えレビュー)

▲ 目次に戻る

4-2.IIJmio

IIJmio

IIJmioも、ドコモ回線を使った「タイプD」とau回線を使った「タイプA」を用意しています。タイプAではデータ通信専用SIMを提供していませんが、SMS機能付きなら選択できます。また、IIJmioはひとつの契約で、複数枚のSIMを複数の端末で使うことができます。この場合、データ量は複数のSIM間でシェアすることになります。データ量はあまり使わないけれど子どもにもスマホを持たせたい、あるいは一人でもスマホとタブレットを利用シーンに応じて使い分けたいなどの場合に適しています。

複数枚SIMを利用する場合、同一プランであればタイプDとタイプAでデータ量を分け合うことができます。プランはミニマムスタートプラン(3GB)、ライトスタートプラン(6GB)、ファミリーシェアプラン(10GB)の3種類です。

通話料はmineoと同じく20円/30秒ですが、有料オプションに加入し専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使えばどの番号でも通話料が半額の10円/30秒になり、さらに家族でファミリーシェアプランに加入している場合だと、さらに20割引かれます。通話定額のオプションもあり「何度かけても○分以内なら無料」というシステムです。また、契約しているSIMのデータ容量が余った場合には、余った量に応じて最大70%の割引を受けられる「エコプラン」もあります。

IIJmioにもプリペイドSIMがありますが、ドコモ回線のものしかありません。使い切ったあとで月額プランに変更することができます。タイプDであれば事務手数料も無料ですが、タイプAに変更したい場合は有料でSIMカード交換をする必要があります。

IIJmio

【関連記事】
格安SIMプランの選び方(IIJmio編)

▲ 目次に戻る

4-3.FREETEL

FREETEL

FREETELのSIMの最大の特徴は、1GB~50GBの大容量プランまである「定額プラン」と、使用量に合わせて基本料金が変わる「使った分だけ安心プラン」の2種類を用意しているところ。使用量が同じだった場合、2つのプランの間に金額の差はありませんので、自分のニーズに合わせて選ぶことができます。また、プランによってはLINEやTwitterなどのSNSアプリを使用する際のデータ通信が無料になりますので、頻繁に使うSNSがある場合はかなりお得に利用できる可能性があります。

通話料は20円/30秒ですが、有料オプションとして、誰とでも1分あるいは5分かけ放題になり、さらに超えた分の通話料も半額になる「FREETELでんわ」という専用アプリを用意しています。アメリカ、韓国、香港、中国、台湾の5か国であれば、国際電話でも10円/30秒です。

また、スマホ本体、データ通信プラン、音声通話かけ5分かけ放題オプションすべて込みで月額1,590円~という「スマートコミコミ」というプランがあります。気に入った機種があれば検討の価値があるでしょう。

FREETELではスマホ本体とのセット割引にも力を入れており、2017年3月時点では、スマホ本体+通信料+かけ放題で月額999円から始められる「スマートコミコミ+」というサービスも始めています。このように気軽に試すことができますが、短期間のうちにMNPで転出すると、高額な「MNP予約番号発行手数料(1か月目15,000円、その後は1か月ごとにマイナス1,000円で最低価格2,000円)」が発生してしまいますので、注意が必要です。

FREETEL

【関連記事】
「なんでもアリ!?」のMVNO 「FREETEL」の魅力を徹底解説

▲ 目次に戻る

4-4.U-mobile

U-mobile

U-mobileは多様なプランを提供していますが、特筆すべきはLTE通信が使い放題の「U-mobile PREMIUM」。データ通信のみなら2,480円、音声通話機能付きでも2,980円で使い放題、一日のデータ容量制限もありません。音声通話機能付きのLTE通信の使い放題と、音楽聴き放題アプリの「スマホでUSEN」がセットになって2,980円というプランもあります。もちろん、他社と同じようなデータ容量ごとのプランも1GBと5GBのプランを用意しています。

また、10分以内の通話が300回まで無料の「U-mobile SUPER」というプランもあります。単純計算で1日に10回ずつ通話できますので、長電話さえしなければ追加の通話料がかかることはないでしょう。ただし、データ通信に関しては「U-mobile SUPER」独自の形態となっており、「U-mobile PREMIUM」のような使い放題システムはありません。

2017年3月からは、ソフトバンク回線の提供を受けたMVNOサービス「U-mobile S」を開始し、サービスの間口がより広がっています。

U-mobile

▲ 目次に戻る

4-5.ロケットモバイル

ロケットモバイル

業界最安値をうたっているのがロケットモバイルです。いちばん安いプラン「神プラン」は通信容量なしで298円と、たしかにかなり安いのですが、回線速度は200Kbpsと通信制限がかかっている状態と同じ速度です。快適に使うためにはデータ容量ごとのプランへの加入が必須でしょう。プランは1GB、2GB、3GB、5GB、7GBの5種類で、他社とくらべて安めです。

ロケットモバイルには独自のポイントがあり、ポイントページで貯めることができます。ポイントは1ポイント1円として通信料金からの割引が可能です。紹介制度などもあり、とにかく安く抑えたいかたは検討の価値ありです。

ロケットモバイル

▲ 目次に戻る

4-6.DTI SIM

DTI SIM

インターネットプロバイダであるDTIが提供するDTI SIMには、初めて申し込む人限定の「でんわ定額プラン 3GB」「データ半年お試しプラン 3GB」「データSMS半年お試しプラン 3GB」の3つのプランがあります。最初の半年間は、でんわ定額プランなら2,270円が1,480円に、データお試しプランなら840円が0円に、データSMSプランなら990円が0円になるプランです。半年経っても継続する場合は、満額の基本料金になります。でんわ定額プランはオプションの「でんわかけ放題」を利用しているプランですが、無料通話は最初の5分間のみで、それを超えると20円/30秒の通話料がかかります。

通常のプランは1GBから20GBまでの6種類のプランと、ネットつかい放題プランがあります。ネットつかい放題プランはデータ容量プランと比べ低速ですが、通信制限の速度である200Kbpsよりは高速のデータ通信を使い放題で利用できます。

DTI SIM

▲ 目次に戻る

4-7.nuroモバイル

nuroモバイル

1GB、3GB、5GBという設定のデータ容量プランを提供しているMVNOが多いなか、nuroモバイルは2GB~10GBまで1GB単位でデータ容量を選ぶことができます。金額も1GB増えるごとに200円ずつ増えていくだけというシンプルでわかりやすいものです。また、一度選んだプランが合わなくても、無料で容量の変更ができ、余った容量を翌月に繰り越すこともできます。

また、毎月500MB未満までなら高速通信を無料で使える「0SIM」も提供しています。SMSオプションや音声通話付きにするとその分の月額料金がかかりますが、データ通信分は0円です。500MBを超えると100MBごとに100円が加算され、2GBに到達すると5GBまでは1,600円定額で利用できます。5GBを超えると料金の変動はありませんが、速度制限がかかります。速度制限は、追加料金をチャージすれば解除できます。

nuroモバイル

【関連記事】
nuroモバイルって、なんだっけ?

▲ 目次に戻る

4-8.ワイモバイル

ワイモバイル

ヤフーが提供しているワイモバイルは、ヤフーのグループ企業であるソフトバンクが運営しているため、厳密に言えばMVNOではありません。そのため、格安SIMとキャリアプランの中間のような料金プランが特徴です。例えば、データ容量1GBのプランは契約期間の縛りがないタイプでは5,480円とかなり高額ですが、2年契約にすると2,980円となります。

音声通話機能付きのプランのため、それでも高く感じられるかもしれません。しかも、10分以内なら月300回まで通話料が無料になります。さらにオプション「スーパーだれとでも定額」に入れば、無制限で国内通話がかけ放題になります。ソフトバンクが提供している格安SIMだからこそできるプランと言えるでしょう。キャリアのプランより安いので、SIMロック解除などに注意すれば、キャリアから乗り換えやすいプランと言えるかもしれません。

ワイモバイル

【関連記事】
Y!mobile+SIMフリーのiPhone 7は安い?キャリアと格安SIMの2年間総額比較

▲ 目次に戻る

4-9.楽天モバイル

楽天モバイル

格安SIM市場でトップシェアを誇る楽天モバイル(MMD総研「格安SIMサービスの利用動向調査2016年9月版」)。データ通信専用の「データSIM」と、050番号がついた「050データSIM」、音声通話がついた「通話SIM」の3種類が、3.1GB~30GBまで5種類のデータ容量プランと、通信速度が200Kbpsで使い放題のベーシックプランで用意されています。

初月の月額基本料は無料なので、試しに使ってみるのにも向いています。ただし、通話SIMは最低12か月利用しなければならないので、トライアルならデータSIMか050データSIMにしたほうがよいでしょう。また、楽天ポイントを月々の支払いに使用することもできます。楽天市場などを使うことが多いのであればおすすめです。

楽天モバイル

【関連記事】
楽天モバイル、口座振替対応へ

▲ 目次に戻る

4-10.LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルには「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3つのプランがあります。LINEフリープランは1GBでデータ通信専用なら500円で、LINEアプリなら1GBの容量を使うことなく高速通信が使い放題です。コミュニケーションフリープランは3GB~10GBの4種類でLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題、MUSIC+プランならそれに加えてLINE MUSICにアクセスし放題です。

この使い放題は「カウントフリー」といってデータ通信料のカウント自体を行いません。そのため、データ容量を使い切った後でもSNSは使い放題のままです。コミュニケーションサービスであるLINEらしいプランと言えます。

また、MVNOではほとんど対応していないLINEの年齢認証も、LINEモバイルであれば認証可能です。他にもLINEで使えるポイントがもらえるなど、LINEをよく使う人にはうれしい特典が備わっています。

LINEモバイル

【関連記事】
主要SNSが使い放題のLINEモバイル 他MVNOと違うところは?

▲ 目次に戻る

4-11.OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションズが運営するプロバイダOCNのOCN モバイル ONEは、データ容量プランが日単位のプランと月単位のプランに分かれています。日単位のプランは110MB/日コースと170MB/日コースの2種類、月単位のプランは3GB/月コース、5GB/月コース、10GB/月コース、15GBまで使えて最大通信速度が500kbpsの500kbpsコースの4種類です。

また、データ通信専用SIM、SMS対応SIM、音声対応SIMの他に、OCN モバイルONEが提供するIP電話アプリである「050 plus」がついた「050plus付きデータ通信専用SIM」があります。050 plusが月額料金半額で利用できるので、データ専用SIMにして、通話はIP電話アプリを利用しようと考えているのであればおすすめです。

また、OCN モバイル ONEにはプリペイドSIMもあり、こちらは50MB/日で20日間使える期間型か、1GBを3か月使える容量型の2種類があります。どちらも月額プランに変更可能なので、MVNOを検討する際に、お試しで使ってみてもいいでしょう。

OCN モバイル ONE

【関連記事】
MVNOシェアNo.1 OCN モバイル ONEが選ばれる理由

▲ 目次に戻る

4-12.NifMo

NifMo

インターネットプロバイダ・NIFTYの格安SIMであるNifMoでは、3GBプラン、5GBプラン、10GBプランの3種類を用意。@niftyユーザーであれば格安SIMの基本料金が200円割引になります。さらにスマホも同時に購入すれば、機器セット割でさらに200円の割引に。他にも時期によってさまざまなキャッシュバックキャンペーンを行っています。

また、「NifMoでんわ」というIP電話サービスを用意しているのも特徴です。月額1,300円で国内通話がかけ放題なので、うっかり長電話してしまう人におすすめ。かけ放題プランを利用するためには音声対応SIMに契約する必要があるため、IP電話でかけられない電話番号は普通の音声通話でかけましょう。

NifMo

▲ 目次に戻る

4-13.BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

同じく老舗インターネットプロバイダBIGLOBEが提供する格安SIMは、1GBの「音声通話スタートプラン」、3GBの「エントリープラン」、6GBの「ライトSプラン」、12GBの「12ギガプラン」の4種類。音声通話スタートプランはその名のとおり、データ通信専用SIMでは利用できません。

NifMoと同じく、BIGLOBEもプロバイダとして使っていると基本料金が200円引きに。さらに、光回線ならば300円引きになります。また。ライトSプランと12ギガプランなら全国86,000か所のアクセスポイントがあるBIGLOBE Wi-Fiが1ライセンスのみ無料で使えます。また、この2つのプランに限り、「エンタメフリー・オプション」に加入することができます。これはYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTVにアクセスしたときの通信料がカウントされないサービス。動画を観たり音楽を聴いたりするのが好きな人にはかなり魅力的です。

また、アプリ「BIGLOBE でんわ」を使うと手続き不要で通話料が半額になります。有料サービスとして60分の国内通話が650円で利用できる「通話パック60」と、3分以内の通話なら何度かけても650円の「3分かけ放題」もあります。

BIGLOBE SIM

【関連記事】
アラサー女子のITライフ漂流記【BIGLOBEにするとしたら】

▲ 目次に戻る

4-14.UQモバイル

UQモバイル

テレビCMが印象的なUQモバイルは、au回線を使用した通信サービスを提供しています。データ容量2GB+無料通話3,600円分の「ぴったりプラン」、データ容量6GB+無料通話7,200円分の「たっぷりプラン」、無料通話分が料金・回数に関わらず5分位内の通話が無料になる「おしゃべりプラン」の2種類、合計4種類のプランがあります。

また、月額料金プランを15日間無料で試すこともできます。利用にはクレジットカードが必要ですが、登録料や通信料などは一切かかりませんので、かなり気軽に試せるのがうれしい点。比較検討する際にはぜひ役立ててください。

UQモバイル

▲ 目次に戻る

4-15.イオンモバイル

イオンモバイル

さまざまな事業展開をしているイオンは格安SIMも例外なく展開しています。イオンの格安SIMは、「音声プラン」、「データプラン」、そして家族で使うのに適している「シェア音声プラン」の3種類があり、データ容量と組み合わせると全部で29種類ものプランがあります。データ専用SIMにも、初月のデータ容量が日割りで、3日間で366MB使うと通信制限がかかる「タイプ1」と、日割りではなく通信制限もない「タイプ2」の2種類があります。タイプを変更する場合は解約して新規申込みになるので、申込む前にどちらがいいかしっかり考えましょう。

月額1,500円の「050かけ放題」は、IP電話を使った電話かけ放題サービス。国内であればいつでも何時間でも通話し放題です。データ通信専用SIMでも使えるのがうれしいポイント。多様なプランがあると、どれが合っているのか判断が付きかねますが、イオンモバイルのWebサイトに簡単な料金シミュレーションもありますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

イオンモバイル

▲ 目次に戻る

4-16.ワイヤレスゲート

ワイヤレスゲート

ワイヤレスゲートの格安SIMは、ヨドバシカメラオリジナルとして、ヨドバシカメラ各店で販売されています。データ通信専用SIMは250kbpsが使い放題の「Wi-Fi+LTE 480円プラン」3Mbpsで使い放題の「WirelessGate SIM Fon プレミアムWi-Fi」「WirelessGate SIM Fon プレミアムWi-Fi(SMS機能付き)」、音声通話機能付きSIMは3Mbpsで使い放題の「WirelessGate SIM Fon プレミアム Wi-Fi」の全部で4種類。

データ容量プランはないので、他社と比べて通信速度はかなり遅めだけど使い放題、というのが最大の特徴と言えそうです。多少速度が遅くても、速度制限に怯えずにスマホを使えるは安心感が高いといえます。

また、プレミアムプランであれば、世界2,000万ヶ所のWi-Fiスポットが利用できます。海外は日本よりもWi-Fiスポットが普及しており、海外用プリペイドSIMを利用しなくてもあまり不自由しないという声が多く見受けられます。海外旅行や出張が多い人は重宝しそうです。

ワイヤレスゲート

▲ 目次に戻る

4-17.DMMモバイル

DMMモバイル

業界最多プラン数と全プラン業界最安値水準をうたっているのがDMMモバイルです。プランは最大通信速度が200kbpsの「ライト」を除いたすべてが容量型で、プラン数はシェアプランも含めると全部で36種類もあります。データ専用SIMと音声通話機能付きSIMの金額の差が一定なMVNOが多いなか、DMMモバイルは同じデータ容量でも650~1,000円の間でばらつきがあるため、その点は比較検討する余地がありそうです。

通話定額のプランはありませんが、基本料無料のアプリ「DMMトーク」を使えば通話料が半額になります。国際電話もアメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアの32カ国で半額に。なお、このアプリは、DMMモバイルのプランを利用していなくても申し込めば利用することができます。

申込み前の注意点や、使い始める前の設定などを説明した動画がDMMモバイルWebサイトに掲載されています。操作方法を目で確認できるため、格安SIM初心者にも安心です。

DMMモバイル

▲ 目次に戻る

5.自分の使い方を把握することから始めよう

自分の使い方を把握することから始めよう

それぞれのMVNOは、「他社とは違う料金プラン」や「オリジナルのオプション」をさまざまに用意しています。もしかしたら自分がよく使うサービスやアプリがお得に使えるプランやオプションがあるかもしれません。

また、普段から自分のデータ使用量や通話料を把握しておくことも大切です。例えば、安いというだけでいちばん少ないデータ容量のプランにした結果、すぐに使い切ってしまい結局チャージしなければならなくなるということもありえます。自分が月に何GB使い、何分電話をかけたかを知っておくことは、格安SIMを選ぶ時の大きな指標になるでしょう。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

本宮びわ

本宮びわ

演劇、エンターテイメント業界を経て、メディアライターへ。
現在は、IT関係・ヘルスケア・法務会計などを中心として執筆活動中。
以前の経歴で培った「表現力」を活かして、何より、誰にでもわかりやすい文章を心がけています。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

オススメのMVNOの格安SIM比較まとめ ~スマホにかかる費用を安く抑えたい~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

  • 私は現在、スマホをMVNOで使用し、docomoのガラケーを所持しています。 スマホの通信料金が高すぎると言う理由で、現在の2台持ちでこれまで運用して来ました。 月々の料金はスマホがOCNモ...

  • MVNOのSIMを購入して自前のスマホにセットした状態で,IP電話をしたい場合,MVNOのSIMのプランは通話プランじゃないとIP電話は使えないんでしょうか? データ通信プランで計約してもIP電話は使え...

  • MVNO(SIMフリー)スマホ利用でのNMP利用について教えてください。 MVNO(SIMフリー)スマホ利用にて月々1000円程度でデータ通信が可能だそうです。 また、最近では、LINE電話、楽天電話などで固定...

  • 格安SIM、MVNOにした場合の デメリット、こんな人は変更すべきではない という箇所を教えてください。

  • 私は現在auと契約しているガラケーとsimのないスマホの二台を持っています MVNOにはau系 docomo系と別れているらしいですが 色々と調べていると若干ではありますがdocomo系のが優れていると感...

一般の回答者とともに、専門家も回答します!
気軽に質問してみましょう!

Q質問する(無料)

カテゴリ