2017年6月30日で「ITライフch」の更新を停止させていただきます。ご愛顧ありがとうございました。

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

スマホもセキュリティ対策が必要?安心して利用するためのセキュリティアプリ(Android編)

スマホもセキュリティ対策が必要?安心して利用するためのセキュリティアプリ(Android編)

PCには、安全のためのセキュリティソフトが当たり前のように入っていますが、スマホではどうでしょうか。持ち運べる小さなPCとも言えるスマホにも、PCと同様にさまざまなセキュリティリスクが存在しています。また、セキュリティ対策を行う場合にも、アプリなどには有料・無料・体験版などいろいろなものがあります。

1.Androidのスマホにセキュリティはそもそも必要?何が危険なの?

1.Androidのスマホにセキュリティはそもそも必要?何が危険なの?

スマホの保有率は年々増加しており「平成28年度情報通信白書」によると、すでに7割を超えたとのこと。そうした中、ガラケーを使っていた時代にはあまり気にしなかったセキュリティの問題に関心が高まっています。スマホの中には個人情報やお金に関する情報などが入っていることもあり、注意が必要です。

スマホが抱えるセキュリティリスクには、ウイルスや不正アプリ、危険なWebサイトの脅威、情報をターゲットとした盗難などがあります。

AndroidがiPhoneよりもセキュリティリスクが高いといわれるのは、Androidがさまざまなメーカーの機器で使用できる、汎用性の高いOSであることに一因があります。セキュリティリスクの代表的なものである不正アプリ被害やウイルス感染は、主にユーザー自身がアプリをインストールすることで起こります。iPhoneの場合はアプリをインストールできる場所がApp Storeに限定されるため、App Storeを管理するAppleのチェックをクリアしたアプリしかインストールできません。

それに対してAndroidの開発元、Googleが管轄するGoogle Playは、公式に登録するための審査がAppleほどは厳しくありません。さらに、アプリ自体もGoogle Play以外からもダウンロードが可能になっています。

そのため、ユーザーがセキュリティに対する意識を高めて適切な対策を行う必要が生じています。ただし、誤解してはいけないのは、決してAndroidが危険だというわけではないことです。

▲ 目次に戻る

2.Androidのセキュリティリスクと攻撃の実例

Androidのセキュリティリスクと攻撃の実例

Androidのスマホを使っていても、実際に被害にあわなければ、セキュリティに対する意識も低くなりがちです。

セキュリティ対策をしていないスマホには、どのようなリスクがあるのでしょうか? たとえば、スマホから情報が盗まれるだけでなく金銭を要求されたり、ネットバンキングを勝手に操作されたりするリスクがあります。こうした被害にあう可能性は、他人事ではないと注意しておきましょう。

以下では、代表的な実例を紹介します。

▲ 目次に戻る

2-1.ウイルス・不正アプリ

アプリのダウンロードがきっかけで、ウイルスに感染したり、不正アプリの被害にあったりすることがあります。

●不正アプリ
不正アプリの目的はスマホに入っているプライバシー情報を盗むためや、盗聴・盗撮、遠隔操作、いたずらなどさまざまです。特にスマホは、電話番号、メールアドレスだけでなく、位置情報や写真などから容姿の特徴や自宅の場所などの情報まで流出するリスクがあります。

遠隔操作では、知らない間に有料のサービスに登録されるリスクや、見知らぬ電話番号に繋がれることによって高額な請求をされるリスクがあります。

最近発生しているのが金銭を要求するランサムウェアと呼ばれる不正アプリです。

スマホを使えない状態にし「解除してほしければ代金を支払う必要がある」という警告文を表示するものです。また「支払わなければデータが消える」という脅しを受けることもあります。近年、PCで増加していますが、スマホでも無関係とは言えません。スマホは携帯電話という特性上、プライベートに近い情報が含まれがちなため、このような脅しが成立しやすいようです。

さらに悪質なものとして、ネットバンキングに勝手にログインして預貯金を自動で送金してしまうアプリもあります。金融機関を装ったメッセージでユーザーを誘導し、そこに偽のワンタイムパスワードを表示させて情報を盗みます。最近ではこうした手の込んだ不正アプリも登場しているため、注意が必要です。

●ウイルス感染
ウイルス感染では、スマホが乗っ取られて異常な挙動をしたり、スマホ内の情報が流出したりと、PC同様のリスクが生じます。さらにスマホ特有とも言える事例として、外見上有用なアプリに見せかけ、ひそかにSMSを悪用し、GPS情報を外部に送信するものなどが流通・公開されることもあります。

こうした被害に巻き込まれないために、下記の点を意識しておきましょう。
・信頼できる場所から正規版のアプリを入手すること
・設定画面で、「提供元不明のアプリ」設定を外しておくこと
・インストール時のアクセス許可には目を通し、不自然な点があればインストールを中止すること

独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)

▲ 目次に戻る

2-2.ウェブサイトの脅威

「偽サイト」「フィッシング詐欺サイト」と呼ばれるものがあります。これはPCサイトと同じく、通販サイトやネットバンクのサイトによく似たスマホ用の偽サイトを作り、そこからクレジットカードやキャッシュカードなどの情報を盗むものです。最近ではウェブサイトのURLまでよく似せてつくられており、注意していても、うっかり気づかずに個人情報を入力してしまうリスクがあります。

スパムメールや、知らない人からのSMSに記載されているような怪しいリンク先がそのような偽サイトである可能性は高く、特に注意が必要です。怪しいと思ったらアクセスはしないようにし、必ず正規サイトの注意喚起情報を確認するなど自己防衛をしていくようにしてください。

▲ 目次に戻る

2-3.紛失・盗難

リスクとしていちばんイメージしやすい紛失や盗難。具体的にはどのように危険なのでしょうか。

スマホ特有の問題として、商品価値のある端末を紛失してしまったということだけでなく、大切な情報を悪用される可能性があることが、なによりのリスクです。スマホそのものを持ち去られても、ロックをかけているから大丈夫というわけではありません。ロックを突破され、解除されてしまうと、登録している個人情報やスマホが記憶しているIDやパスを悪用されてさまざまなサイトにある情報を閲覧されるおそれがあります。

また、SIMカードを別の端末で利用される可能性もあります。SIMカードを抜かれた場合は、契約している携帯番号で通話もできてしまうので、犯罪に悪用されてしまうかもしれません。

ですから、紛失や盗難にあった際は、できるだけ早くそのスマホを利用できない状態することが大切です。しかしスマホがなければ携帯会社へ電話することや番号を調べることも困難ですから、いざというときのために緊急連絡先は別のデバイスやメモに記録しておいた方が安心です。

【関連Q&A】
セキュリティソフトって必要ですか?

▲ 目次に戻る

3.Android対応 有料版セキュリティアプリの比較

Android対応 有料版セキュリティアプリの比較

スマホのさまざまなリスクには、どのように対策をすればよいのでしょうか。

いちばん安心なのはセキュリティアプリを入れることです。PCにはセキュリティアプリを入れるのが当然といえますから、「小さなPC」とも称されるスマホにも当然セキュリティアプリは必要です。

ここでは、代表的なセキュリティアプリの特徴や価格を紹介します。自分のスマホに入れる際の参考にしてください。

※価格などのアプリ情報は2017年2月現在のものです。
※文中の価格はすべて税込み。

▲ 目次に戻る

3-1.ウイルスバスターモバイル

ウイルスバスターモバイル

PCのセキュリティソフトとして有名なウイルスバスターでは、スマホ用のセキュリティアプリも販売しています。不正アプリや危険なウェブサイトの検出はもちろん、FacebookやツイッターなどのSNSの設定による個人情報の流出を防いでくれ、気づかないうちに現在地を載せたまま投稿してしまうようなリスクにも対応します。

ウイルスバスターモバイルの特徴は高い検出率と使いやすさで、リスクのある無線LAN、Wi-Fiスポットまで検出してくれます。保護者による利用制限機能があり、盗難や紛失の際は遠隔でデータを削除するなど、スマホを悪用される不安を解消できます。

価格は1年版で3,065円、2年版で5,637円ですが、1か月の無料体験版もありますので、まずは体験してみるとよいでしょう。ダウンロード可能なので家電量販店などでパッケージを購入する手間もかかりません。

・ウイルスバスターモバイル

  • Google playダウンロード

【関連Q&A】
ウイルスバスターモバイルについて

▲ 目次に戻る

3-2.カスペルスキーインターネットセキュリティ

カスペルスキーインターネットセキュリティ

カスペルスキーもPC向けのセキュリティアプリを販売している会社です。

ウイルス、悪質アプリ、フィッシングサイトなどのリスクからスマホを守ります。また、紛失や盗難の際は遠隔によるデータ削除だけでなく、盗まれた自身のスマホを別のSIMカードで悪用される不正利用も防ぎます。迷惑電話や迷惑メールのブロックや他人に見られたくない連絡先や通話・メール履歴を非表示にする機能もあります。

価格は1年版で3,024円、2年版で4,644円で、30日間の無料体験も可能。サポート体制が整っており、しっかりと対応してくれるのも嬉しいポイントです。

・カスペルスキー インターネット セキュリティ

  • Google playダウンロード

【関連Q&A】
インターネット セキュリティについて

▲ 目次に戻る

3-3.ノートンモバイルセキュリティ

ノートンモバイルセキュリティ

PC用セキュリティアプリで有名な、ノートンのモバイル用セキュリティアプリです。

このアプリの特徴は、セキュリティアプリとしてのブロック機能以外も充実しているところ。不正アプリの検出や危険なウェブサイトのブロックはもちろんのこと、アドレス帳のバックアップ、共有機能もあります。Android専用ではなくiOSにも対応しているので、AndroidとiOS間でのアドレス帳の共有も可能になり機種変更をしたときにも役立ちます。

また、紛失や盗難時の遠隔操作はもちろんのこと、端末の位置を特定することもできます。SIMカードが抜かれるとスマホをロックするだけでなく、紛失したスマホを使った人の写真を撮る機能まで備わっています。

価格は1年版で3,024円、2年版で5,130円です。30日間の無料体験版もあります。60日間の返金保証やチャットによる24時間のサポートもあるので安心です。

・ノートンモバイルセキュリティ

  • Google playダウンロード

【関連Q&A】
ノートンのセキュリティ

▲ 目次に戻る

3-4.Mobile Security & Antivirus(ESET)

Mobile Security & Antivirus(ESET)

ESET(イーセット)の Mobile Security & Antivirusは、カメラメーカーで有名なキヤノンのグループ会社であるキヤノンITソリューションズが販売しています。PC用と同じアプリのため、モバイル専用の機能は多くありません。ただ、基本的なウイルスやフィッシングサイトには対応しています。

このアプリのいちばんの特徴は、デバイスを問わず5台まで管理できるファミリーセキュリティでパック購入できる点です。普段は主にOCを使っており、スマホ用にわざわざセキュリティアプリを買うのは抵抗がある方にはぴったりなアプリで、家族のPCとスマホやタブレット計5台まで自由に割り振ることができます。

価格はファミリーセキュリティの場合、1か月版は540円、1年版で6,264円、3年版で10,584円です。これで5台分ですから使いやすい価格設定です。1台分のパーソナルセキュリティは1か月324円、1年版で4,104円、3年版で8,208円です。30日間の無料体験版があります。

・Mobile Security & Antivirus

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

3-5.McAfee Antivirus & Security(マカフィー)

McAfee Antivirus & Security(マカフィー)

McAfee Antivirus & SecurityのMcAfeeもPC用セキュリティアプリで有名なブランドです。

この製品には、セキュリティアプリとしての基本的なブロック機能、盗難や紛失時の対策はもちろんのこと、Android用では、パスワードで保護されていないWi-Fiに接続された場合に警告を表示して接続を切るWi-Fiセキュリティが備わっています。AndroidのスマホだけでなくiPhoneやPC、タブレットを台数無制限で利用できるパック製品もあります。

5人まで登録できる顔認証機能もあり、デバイスの起動時やウェブサイトのログイン時に顔でIDやパスワードを管理することができます。

価格は一番高機能なもので1か月689円、1年版で5,746円、3年版で10,786円(税込)です。30日間の無料体験版があります。

・McAfee Antivirus & Security

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

3-6.ドコモあんしんスキャン

ドコモあんしんスキャン

NTTドコモのAndroidスマホを使っている人が対象のセキュリティです。アプリによるウイルスの対策機能は無料で利用することができます。

アプリの個人データ確認と危険なサイトの対策機能は月額200円が必要です。セキュリティアプリを入れるほど心配ではないけれど、少し不安だという方には入っておいて損はないプランでしょう。

ウイルス対策は申し込み不要ですが、有料機能の部分は申し込みが必要です。ドコモのdアカウントにログインして、「あんしんネットセキュリティ」の申し込みをしてください。自分の契約内容が不明な場合も、まずはdアカウントにログインして確認しましょう。

・ドコモあんしんスキャン

  • Google playダウンロード

【関連Q&A】
Docomoウィルス対策ソフトについて

▲ 目次に戻る

3-7.安心セキュリティパック(au)

auのAndroidスマホを使っている人向けのセキュリティです。紛失時の位置検索や遠隔ロック、ウイルスやウェブ脅威対策など基本的な機能がついて月額324円と非常に安価で使うことができます。また、故障紛失サポートとセットで月額540円、安心ケータイサポートとセットの場合は月額453円で利用できます。

ただし、この安心セキュリティパックは2017年11月30日でサービスを終了します。それ以降はさまざまな特典がひとまとめになっているauスマートパスを契約すると同等のサービスを利用することができるようです。大手セキュリティアプリは年間契約が多いので、試しに安く短期間だけ使ってみたいという方にはおすすめです。

安心セキュリティパック

▲ 目次に戻る

3-8.スマートセキュリティ powered by McAfee(ソフトバンク)

スマートセキュリティ powered by McAfee(ソフトバンク)

ソフトバンクのAndroidスマホ向けセキュリティです。 McAfeeが開発しており、安心して使えます。

スマホ基本パック、タブレット基本パックを契約している方は同等の機能が付いているので申し込みは不要ですが、それ以外の契約の場合は申し込みが必要です。月額324円で、アプリやメールの添付ファイル、メモリカードからのウイルスよりスマホを守ってくれます。一般的なウイルス対策機能のセキュリティのみを必要とする方には低価格で使いやすいセキュリティです。

面倒なアプリのインストールや設定も必要ないので、スマホ初心者の方には使いやすいサービスだと言えます

・スマートセキュリティ powered by McAfee

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

4.Android対応 無料版セキュリティアプリの比較

Android対応 無料版セキュリティアプリの比較

次に、Androidのスマホで使える無料のセキュリティアプリを紹介します。

有料アプリと無料アプリの違いにはウイルス検出後の対応や、ウイルス検出以外の機能の有無といった点があげられます。また、有料版の場合は無料版に比べて、ウイルスの高い検出率が明記されていることが多く、独自の仕様を追加することによって信頼度を高めているともいえます。それでもやはり何も対策をしないよりは安心です。お金を払ってまではセキュリティ対策をしたくないと感じているかたは、まず無料アプリを検討してみてください。

【関連Q&A】
無料ウィルスソフトの信頼性

▲ 目次に戻る

4-1.Yahoo!スマホセキュリティ

Yahoo!スマホセキュリティ

ヤフーが提供する無料のセキュリティアプリです。利用には「Yahoo!JAPAN」のIDが必要ですが、無料とは思えないほど充実した機能が利用できます。

紛失や盗難に対する機能はありませんが、ウイルスの検出やフィッシングサイトなど悪質サイトの警告、プライバシーチェック機能など基本的な機能はほぼすべて揃っています。海外製のアプリと比較すると、操作性が高いのも特徴です。

・Yahoo!スマホセキュリティ

  • Google playダウンロード

【関連Q&A】
スマホでYahoo! Japanが開けない

▲ 目次に戻る

4-2.Mobile Security & Antivirus(Avast Software)

Mobile Security & Antivirus(Avast Software)

チェコの企業が開発したセキュリティアプリで、無料版と有料のプレミアム版があります。無料版ではウイルスの除去機能、危険サイト対策など基本的な機能に加え、Wi-Fiのスピードテストまで可能なのが特徴。操作がシンプルで、大変使いやすいです。

・Mobile Security & Antivirus

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

4-3.Avira Antivirus Security

Avira Antivirus Security

ドイツの企業が開発したセキュリティアプリです。ウイルスの検出率が高く、操作が軽いことが特徴です。利用登録が必要ですが、ウイルスの検出、紛失や盗難の対策など基本的な機能は無料で使うことができます。また、詳細な設定をすることができるので、必要な機能を自分でカスタマイズすることができます。

SNSなど設定によっては個人情報に自動でアクセスされるアプリも増えているので、そのようなアプリかどうかを教えてくれるプライバシーアドバイザーという機能を使うと、悪質なアプリではなく通常のアプリでもスマホの個人情報にアクセスできるものかどうかなどを診断してくれます。ただし、危険サイトの対策機能は有料版のみです。

・Avira Antivirus Security

  • Google playダウンロード

【関連Q&A】
avira antivirを手動で終了させたい

▲ 目次に戻る

4-4.AVL

AVL

中国に本拠地がある企業が開発したセキュリティアプリです。スマホだけでなくSDカードもスキャンもできウイルス検出率はほぼ100%と高いので、何よりもウイルスの対策がしたいという方向けのアプリです。

ただし、日本語に対応しておらず、表記はすべて英語です。操作はシンプルなのでさほど苦労はしないかと思いますが、英語がどうしても苦手な方へはおすすめしません。紛失や盗難の対策が必要な方は別途他のアプリやアプリをあわせてインストールすることをおすすめします。

・AVL

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

4-5.スマートフォンセキュリティ

スマートフォンセキュリティ

ソースネクストが提供する、とてもシンプルなセキュリティアプリです。有料版もありますが、ウイルス対策だけであれば無料版でじゅうぶん使いやすいアプリに仕上がっています。何よりもウイルス検出率の高さが特徴でほぼ100パーセントの検出が可能です。

自動でスマホ本体のみならずSDカードもスキャンしてくれるので、常に安心な状態を保つことができます。

・スマートフォンセキュリティ

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

4-6.AVG アンチウイルス

AVG アンチウイルス

PC用セキュリティアプリで有名なブランドです。世界的な企業であるAVG Technologiesが作っています。

AVGのセキュリティアプリは、PC版は有料ですがモバイル版は無料で使うことができます。
このアプリは単にウイルスからスマホを守ってくれるだけでなく、SMSをフィルタリングして疑わしいものは自動削除することで、リスクそのものから遠ざけてくれる機能があります。

また、紛失や盗難にあった際はスマホを返してもらえるよう画面上にメッセージを表示させることができます。遠隔操作でデータを削除するし、個人情報を守ることもできます。さらに、スマホのパフォーマンスを向上させることもできます。例えば、バッテリー残量やアプリのストレージ消費量、データ通信量を監視してリソースを最適化する機能もあります。

・AVG アンチウイルス

  • Google playダウンロード

▲ 目次に戻る

5.スマホを守れるのはユーザーだけ

スマホを守れるのはユーザーだけ

以上、Androidスマホのリスク対策について紹介してきました。スマホにセキュリティ対策アプリを入れることでリスクから守ることも大切ですが、何より一番重要なのは自分でリスクの脅威を認識することです。メールやSMSに記載されている不明確なリンクはクリック(タップ)しないようにすることや、安全性が不安なアプリはインストールしないなど、自らの行動でリスクを回避することが重要です。

Androidでは、アプリをインストールする前にアプリがアクセスできる権限を確認できます。そのアプリの機能に関係ないと思われる権限を要求された場合は、注意せねばなりません。例えばSNSのアプリであれば、アドレス帳にアクセスする必要性は理解できます。しかし、目覚まし時計のアプリにアドレス帳へのアクセス権限の許可などを求められた場合、必要性が理解できませんから、インストールはやめておいたほうがよいでしょう。

また、万一情報が抜かれてしまった場合に備えて、インターネットバンキングなどではIDやパスを記憶させないようにすることや、スマホのメモ帳機能にIDやパスを記録しておくことも控えたほうが安全です。このようにユーザー自身がセキュリティ意識を高めることでスマホを守ることができ、セキュリティアプリをインストールしておけば、安心で快適なAndroidライフを楽しめます。

もちろん、大切なスマホ端末そのものをなくさないよう、普段から気をつけましょう。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

佐藤和子

佐藤和子

コンサルティングファーム、美容系サイトの広告営業などを経て、現在は2児のママライター。
IT、美容、ライフスタイル関連の話題で多く執筆しています。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

スマホもセキュリティ対策が必要?安心して利用するためのセキュリティアプリ(Android編)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

カテゴリ