[特集]スマホのウイルス感染 症状と対策

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。
Q&Aでは一般の回答者とともに専門家も回答します。
ITにまつわる疑問や困ったことはここで解決しましょう!!

  • SIM

ファーウェイ、若年層向け「HUAWEI nova」シリーズ発表!

ファーウェイ、若年層向け「HUAWEI nova」シリーズ発表!

ファーウェイ・ジャパンは21日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン 新製品発表会」を開催し、女性や若年層をターゲットにしたスマートフォン「nova」と「nova lite」を2月24日に発売することを発表しました。

発表会に登壇したファーウェイ・ジャパン デバイスプレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏は、日本市場においてSIMフリースマートフォン「HUAWEI P9 lite」の販売台数が好調であり、BCNランキングによるSIMフリースマートフォンメーカー別販売額が年間第1位を獲得したことを報告しました。

ファーウェイの2016年を振り返ると、低価格ながら高品質な「HUAWEI GR5」、ライカのダブルレンズを搭載する「HUAWEI P9」、コストパフォーマンスが高い「honor 8」、そして年末に発売された「HUAWEI Mate 9」など魅力的な製品が多く、好調な業績の要因になったと言えます。

反面、多岐にわたる製品群の立ち位置がわかりづらいのも事実です。そこでそれぞれの製品カテゴリーについて、Mateシリーズを「ビジネスフラグシップ」、Pシリーズを「ファッション&フォトグラフィフラグシップ」と説明しました。

そして、今回新しいカテゴリーとしてセルフィーを多く撮影する若年層をターゲットとした「nova」を発表しました。

日本市場向けのnovaはメタルボディで5.0インチFHD(1080×1920ドット)ディスプレイを搭載する「HUAWEI nova」と、両面ガラスボディで5.2インチFHDディスプレイを搭載する「HUAWEI nova lite」の2機種を投入します。HUAWEI novaの販売価格は37,980円、HUAWEI nova liteはMVNO事業者によって価格が設定されるとのこと。

HUAWEI novaはこれまでのファーウェイ製品の中でも画面が小さい5インチディスプレイを搭載し、女性でも操作しやすいサイズを実現しています。特に狭額縁設計によって横幅を69.1mmにおさえられ、背面の自然な曲面デザインで手にフィットする印象でした。

CPUにはQualcomm「Snapdragon 625」(オクタコア)を採用、3GB RAM、32GB内部ストレージ、microSDカード最大128GB対応、3,020mAh急速充電対応バッテリーを備え、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応します。

カラーは「チタニウムグレー」「ミスティックシルバー」「ローズゴールド」の3色。前面のベゼルはチタニウムグレーだけがブラック、それ以外がホワイトです。ローズゴールドの前面をホワイトにすることで、ピンクっぽさをあまり強調せず、差し色のような感覚にしています。これには、幅広い年代に使ってもらおうという狙いもあるようです。

背面は指紋センサー付きのメタルボディ。HUAWEI P9の高級感をそのままコンパクトなボディに凝縮しています。カメラはデュアルレンズではありませんが、1200万画素F2.2像面位相差オートフォーカスを搭載する本格的なもの。動画撮影では高精細な4K(3840×2160ドット)30フレームの撮影に対応します。

フロントのカメラは800万画素F2.0の明るいレンズを搭載。セルフィー機能にはこれまでの美顔効果が得られるビューティー機能の他に「メークアップ」モードを搭載しています。

左の写真はメークアップモードなしのもの。モデルさんがメークをしているので、これでもじゅうぶんにきれいですが、メークアップモードの中から「クラブ」という効果を選択したところ、右の写真のようにまつげや眉毛、リップやチークなどが追加されました。

実機で二枚の写真を見比べると、メークアップモードの肌色が明るく健康的でした。これならノーメークで自撮りをしてもきれいに写りそうです。また、まつげやリップなどはリアルタイムで画面に反映されるので、効果がわかりやすく魅力的です。

続いてMVNO事業者専売モデルのHUAWEI nova liteです。こちらはHUAWEI novaよりひと回り大きい5.2インチディススプレイを搭載し、最新のAndroid 7.0(開発コード名Nougat)とファーウェイ独自のUI(ユーザーインターフェイス)Emotion UI 5.0を搭載しています。

CPUには「Kirin655」(オクタコア)を搭載、3,000mAhバッテリー、3GB RAM、16GB内部ストレージ、microSD最大128GB対応などミドルクラスとしての性能を持っています。

カラーは「ブラック」「ホワイト」「ゴールド」の3色。背面も2.5Dガラスとなっており、HUAWEI novaとは全く印象が異なります。ここまで印象が異なるのは、実は海外で「honor 8 lite」として発売されているモデルであり、このモデルを日本ではnovaシリーズとしてカテゴライズしているからなのです。実機に触れてみれば、このガラスの手触りと質感はhonor 8そのものだなと実感できると思います。

発表会ではHUAWEI Mate 9の新色の「ブラック」の発売も発表されました。ブラックは3月10日発売、販売価格は60,800円(税別)となるようです。

HUAWEI Mate 9の実機展示はありませんでしたが、前面ベゼルのブラックと背面のマットなブラックの組み合わせは重厚感がありました。新生活を前面に押し出す春商戦、ファーウェイ・ジャパンが若年層向けのnovaシリーズと、ビジネス色を強く打ち出したHUAWEI Mate 9のブラックで挑んでいくという姿勢がうかがえました。

 (文・mi2_303)

この記事の執筆者

mi2_303

mi2_303

ゲーム業界からウェブデザイナーなどを経てフリーに転身。スマホやタブレット、PC、音楽制作やカメラなどの趣味を生かして執筆をしている。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

ファーウェイ、若年層向け「HUAWEI nova」シリーズ発表!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

  • 【通話用の格安SIMで1番のオススを教えてください】 条件: 通話用SIMであること 200bpsの低速データ通信が無従量課金でなく無制限に使えること 格安であること バーストモードがあればなお良し あと途中から通話し放題プランをプラン追加出来るところがいい 上記を満たすところはどこですか? DMMモバイルは格安だけどバーストモード搭載だけど低速回線で366

  • 今アイフォーン6(WiMAXも)を使ってます、、月々1万です。安くあげるためにアイフォーンSEなる機種に替えようかと、、WiMAXも引き続き使い、幾らくらいになるでしゅう。ギガ数は一番少ないので。

  • 余り大きな声で言えませんが、Yahoo!オークションでHTL21のSIM FREE 版を購入しました。自分のドコモのSIMを差し込んで電話の発着信は出来ましたが、データー通信が出来ません。販売していたオークション会社は、大きな声でドコモでも通信できますと書かれていたので安心して購入したのですが、やはりドコモのデーター通信 LTEは使えないのでしょうか。 詳しく分からないので、

  • 【格安SIM】「楽天モバイル」の評判を教えてください。 データSIMは別に持っているのでベーシックタイプの通話SIMを買おうかと思っています。月額1250円です。 確か楽天モバイルのベーシックプランは低速のデータ通信は200kbpsではなく500kbpsで出て無制限だった気がします。 まあ200kbpsでもデータSIMを持ってるので良いですが低速でも課金

  • こんにちは。 今年の春シアトルに旅行へ行こうと考えています。 海外で携帯を使う場合、どのようにしたらよいでしょうか? やはり海外専用のSIMをレンタルして、端末に差し込んで使う方が多いでしょうか。 実は私の携帯はiPhone6でして、ギリギリSIMフリーに対応していない端末となります。 現状はiPhone6プラスか7以上の端末購入して、SIMレンタルしか方法

一般の回答者とともに、専門家も回答します!
気軽に質問してみましょう!

Q質問する(無料)

カテゴリ