2017年6月30日で「ITライフch」の更新を停止させていただきます。ご愛顧ありがとうございました。

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。
Q&Aでは一般の回答者とともに専門家も回答します。
ITにまつわる疑問や困ったことはここで解決しましょう!!

あなたのスマホ、ウイルスに感染していませんか? 知っておきたいウイルス感染の症状と対策

あなたのスマホ、ウイルスに感染していませんか? 知っておきたいウイルス感染の症状と対策

今や、スマホで銀行口座を操作できたり、電子決済できたりする時代です。スマホを使う用途が増えれば増えるほど、端末の中に多くの重要なデータが存在するように。そして、それらをねらった悪意のあるソフトウェアも増えています。ウイルス感染がパソコンだけの問題だったのはむかしの話になってきているのです。
最近では、スマホでもWebサイトの閲覧中に「ウイルスが検出されました」との警告画面が表示されたり、警告音が鳴ったりと、あからさまにユーザーの不安を煽る手口も出てきました。
そこで、スマホのセキュリティリスクの中から「ウイルス感染」に注目。こういった警告表示が出た場合や、警告音が鳴った場合にどうすればよいのかについて、感染した場合の被害や症状、対策まで紹介します。

1.スマホがウイルスに感染するシチュエーションとは

スマホがウイルスに感染するシチュエーションとは

IT分野における「ウイルス」とは、メールやWebサイトの閲覧によってスマホやパソコンの端末内に潜入する特殊なプログラムのことです。ウイルスは、悪意のある不正プログラムを指す「マルウェア(Malicious Software)」の一種。厳密には、マルウェアの中でも病気のウイルスのように自己増殖するプログラムを指しますが、今回はユーザーに被害を与えるプログラム全般を「ウイルス」と表現し、説明します。

【マルウェアの例】
・ウイルス
・トロイの木馬
・スパイウェア

これまではパソコンや記憶媒体(USBメモリーなど)のウイルス感染が主でした。しかし、スマホの普及にともない、スマホの感染も増加してきています。主な感染経路は、不正アプリのインストール。ウイルスが含まれているとは知らずに、不正なアプリをインストールして、気がつかないうちに感染しているケースが多いのです。

iPhoneとAndroidではウイルスの種類に差があり、セキュリティリスクが大きく異なります。それぞれの端末がどういった場面で感染リスクにさらされるのか見ていきましょう。

▲ 目次に戻る

1-1.iPhoneのウイルス感染リスク

一般に、iPhone とAndroidを比較すると、iPhoneの方が感染リスクは低いとされています。これはアプリの入手経路がiPhone とAndroidでは異なることが一因です。

iPhoneの場合は、基本的にはApple社が管理する公式マーケットである「App Store」からしかアプリは入手できません。アプリの審査はAppleが厳格に行っており、セキュリティチェックはもちろん、少しでも規定と異なる動作をした場合は審査を通りません。

もっとも、非公式アプリがインストールできるようになるケースもないわけではありません。それは「脱獄(Jailbreak)」と呼ばれる、iOSを不正に改造し、Apple社が設定する制限を解除する行為をした時です。制限を解除することにより、Appleが認めていないアプリのインストールやAppleが制限している機能の使用が可能になります。

しかし、この行為はセキュリティレベルの低下も引き起こす恐れがありますし、場合によってはiOSのアップデートができなくなる場合もあります。また、脱獄したiPhoneで発生したトラブルは、どんなことであってもAppleの保証対象外です。こうした行為は控えましょう。

【関連Q&A】
iPhoneのマルウェア

▲ 目次に戻る

1-2.Androidのウイルス感染リスク

Androidの場合はGoogle社が管理する公式マーケット「Google Play」以外にも、第三者が運営するマーケットが数多く存在します。アプリ登録時の審査方法はマーケットによってさまざまですし、何の審査もないマーケットも存在します。また、Androidの場合は、iPhoneと異なり機種もメーカーごとにさまざまなため、動作検証もiOSほど厳格ではありません。Androidは、アプリマーケットや機種も多種多様でOSもオープンソース化されており、ユーザーにとっても、開発者にとっても選択肢が広く自由度が高いのが特徴です。しかし、その反面で、悪用される例があるのです。

▲ 目次に戻る

2.ウイルス感染した場合の被害例

ウイルス感染した場合の被害例

ウイルスに感染すると、どのような被害が発生するのでしょうか。代表的な被害例と、近年増加している「ランサムウェア」という手口を紹介します。

▲ 目次に戻る

2-1.データの漏えい

ウイルス感染の代表的な被害は、スマホに登録してあるデータが漏洩する被害です。代表的な被害としては、電話帳に登録してある電話番号やメールアドレスといった個人情報の漏えいや、端末に保存してある写真や動画などの流出が挙げられます。また、インターネット通販サイトを利用した際に入力したIDやパスワード、クレジットカード情報なども漏えいする可能性があります。

▲ 目次に戻る

2-2.盗撮・盗聴

iPhone、Androidともに、ユーザーがスマホを遠隔操作できるアプリがあります。もともとは紛失や盗難時にスマホを見つけたり、いざという時にパソコンからロックをかけたりできるアプリとして開発されました。しかし、この遠隔操作アプリが悪用され始めています。

遠隔操作アプリを利用した攻撃者は、GPS機能を利用して位置情報を盗み始め、感染した端末のカメラやマイクを勝手に起動させて盗撮や盗聴をすることもあります。高機能の遠隔操作アプリでは、電話帳データや通話履歴、写真までも取得できてしまいます。遠隔操作アプリの中には、インストールされていることに気づかせないように「不可視化」という機能を使っている場合があるため、知らないうちにインストールされており、アプリ一覧にも表示されないこともあります。

▲ 目次に戻る

2-3.ランサムウェア(「身代金」要求型ウイルス)

近年、急激に増加している被害が身代金を要求する「ランサムウェア」というマルウェアです。ランサムウェア自体は昔から存在し、Windowsを標的として大きな被害を起こしてきました。しかし、ここ数年Windowsで悪用されてきた技術がスマホにも応用され、特にAndroidを対象とした被害が急増していると言われています。

【ランサムウェアのタイプ】
・ファイル暗号型:参照できないよう保存しているファイルを暗号化する
・端末ロック型:操作ができないよう端末にロックをかける

感染すると、ファイルの暗号化や端末のロックが行われ、参照や操作ができなくなります。この制限を解除するために、金銭(身代金)を支払うように脅迫メッセージが画面に表示されるのです。しかも、画面には「MINISTRY OF JUSTICE(法務省)」といったタイトルが表示され、一見すると法的な機関が関与しているかのような画面でユーザーの不安を煽ります。身代金の支払いにはiTunesのカードの購入を指示されることがあります。現在、スマホをねらうのはこの「端末ロック型」のランサムウェアが主流です。

ランサムウェア(「身代金」要求型ウイルス)の被害例

ランサムウェアは、一度感染すると駆除が難しく、最悪の場合、端末を初期化する必要があります。身代金を支払えば、ロックが解除され、ファイルにアクセスできるようになると思うかもしれませんが、保証はありません。また、一度支払ってしまうと個人が特定され、二次被害が発生することも考えられます。

万一感染した場合には、セーフモードで起動し、当該アプリをアンインストールしましょう。それが実行できない場合は、セキュリティソフトのサポートセンターに相談してみるか、端末を初期化して、工場出荷時の状態に戻してください。

こうした被害に遭わないように、感染しない事前の策を施しておくことが大切です。

▲ 目次に戻る

3.こんな症状が出たら感染している?

こんな症状が出たら感染している?

年々手口が巧妙化し、技術も進化していることから、見た目ではなかなか判別しにくいウイルス感染。こんな症状が出たら感染の可能性が、というウイルス感染の諸症状をご紹介します。

▲ 目次に戻る

3-1.広告がしつこく表示され続ける

スマホでWebにアクセスするたびに、知らないページや悪質な広告がしつこく表示されたことはありませんか?それは、ユーザーが望まない広告を自動で表示し続ける「アドウェア」と呼ばれるプログラムのせいかもしれません。もともとはインターネット広告の手法のひとつでしたが、近年は悪意を持ったアドウェアが増えています。アプリの中にアドウェアを埋め込み、インストールさせるケースが多いと思われます。

最近では公式マーケットである「Google Play」からアプリを取得して、そのアプリにアドウェアを組み込んだものを、別のアプリストアに公開するというケースも発生しています。そうしたアプリをインストールしてしまった場合でも、もとのアプリの機能はすべて使えるため、ユーザーは不審に感じることなく使い続けてしまいます。広告を過剰に表示しているだけのように見えるアドウェアですが、不正なサイトへ誘導して、情報を抜き取る場合もあるので、注意が必要です。

▲ 目次に戻る

3-2.動作が重くなる

ウイルスに感染すると、バックグラウンドで必要以上にデータを通信するため、「フリーズする」「勝手に再起動する」「やけに動作が重い」などの症状が出ることがあります。もちろん動作が重くなる要因はこれ以外にもありますが、空き容量を増やしたり、再起動をしたり、バッテリーを交換したりといった対策を施しても動作が軽くならない場合は、ウイルス感染を疑ってもよいかもしれません。

【動作が重くなる原因】
・データの空き容量が不足している
・同時に複数のアプリを起動させている
・不要なキャッシュが溜まっている
・バッテリーが劣化している

▲ 目次に戻る

3-3.見覚えのないアプリがインストールされている

アプリ一覧に自分がインストールした覚えのないアプリがあったら、ウイルス感染を疑ってください。気づかずに不正アプリをインストールした時、自動的にインストールされた不正アプリかもしれません。見知らぬアプリを発見した場合は、すぐにアンインストールしましょう。

【関連Q&A】
ウイルス感染したっぽい…

▲ 目次に戻る

4.こんな画面が出たらどうする?

こんな画面が出たらどうする?

Webサイトを閲覧している時に、突然「ウイルスが検出されました」「あなたのスマホがウイルスに感染している可能性があります。スキャンしてください」といった警告画面が突然表示されたことはありませんか?これは、うそのガイダンスを表示し、不正アプリをインストールするように誘導する悪質な手口です。

▲ 目次に戻る

4-1.警告画面の表示「ウイルスが検出されました」

警告画面の表示「ウイルスが検出されました」

アナウンスに従っていくと、不審なセキュリティアプリをインストールするように誘導されたり、不正なサイトにアクセスさせられたりすることがあります。しかし、AndroidでもiPhoneでも、端末自体がこのようなウイルスを検知することはありません。突然このような注意喚起のメッセージが表示されたら驚くとは思いますが、冷静に画面を閉じましょう。

【関連Q&A】
ウィルスが検出された?

▲ 目次に戻る

5.ウイルス感染しているか確認する方法

ウイルス感染しているか確認する方法

もし、Android端末を使用していて、自分のスマホがウイルス感染していないか不安に思ったら、まずはセキュリティソフトをインストールしましょう。セキュリティソフトには、「ウイルスチェック機能」だけではなく、危険なサイトにアクセスする際に警告画面を表示したりブロックしたりが可能な「セーフブラウジング機能」のような付加機能もあります。感染チェックのためだけではなく、事前の危機回避という意味でも、ぜひインストールをしてください。

インストールする方法には下記のふたつがあります。

・個別にソフトをインストールする
・携帯会社(キャリア)が提供するセキュリティ対策サービスを利用する

残念ながら、iPhoneの場合はセキュリティアプリをインストールしたとしてもウイルススキャンはできません。これは、iOSの構造上、システム全体をスキャンすることが不可能なことが一因です。iPhoneはAndroidと比較するとセキュリティレベルは高いですが、完璧ではありませんので、後述する、ウイルス感染経路を断つ予防措置をとってください。

▲ 目次に戻る

5-1.セキュリティアプリを個別にインストールする

アプリを選ぶ際には、安全性が高く、信頼ができるセキュリティアプリを慎重に選びます。セキュリティアプリにも、ウイルスが混入している偽アプリは存在します。ウイルススキャンをしているように見せかけて、端末に保存している個人情報を盗み取っていたり、何の機能もなく見せかけだったりするようなアプリも存在しています。セキュリティに関する知識に自信がない方や不安があるかたは、実績のある会社が提供するアプリを利用することを強くおすすめします。

(1)有料/無料アプリ
セキュリティアプリは、有料、無料のさまざまなもの無数に存在しています。ウイルスチェック機能に関しては、有料版、無料版とも大きな機能差はありません。しかし、ウェブサイトの安全性チェックやフィッシング詐欺対策といった、ウイルスチェック機能以外の付加機能や、問い合わせ時などのユーザーサポートの充実度が違います。

【機能一例】
・ウイルスチェック機能(Androidのみ)
・不正サイトへのアクセスをブロック
・盗難・紛失対策

有料版セキュリティソフトの中には、1ヶ月程度の無料試用期間が設けられている場合もあります。無料試用期間であっても、不正アプリを発見・駆除できますので、まずはインストールをして、使い心地も試してみましょう。

(2)マルチデバイス版
新たにセキュリティソフトを購入するなら、複数の端末で使えるマルチデバイス版があるソフトもおすすめです。スマホだけではなく、PCやタブレットでも台数制限内であれば利用可能です。マルチデバイス版なら、複数の端末で使えるため、管理もしやすいでしょう。

▲ 目次に戻る

5-2.キャリアが提供するセキュリティ対策サービスを利用する

「どんなソフトを選んでいいのかわからない」「選んだアプリが不正アプリだったらどうしよう」と不安に感じる方には、こちらもオススメです。ドコモ、au、Softbank(ソフトバンク)といった各キャリアが提供するセキュリティサービスです。いずれもMcAfee(マカフィー)やトレンドマイクロ社といった有名なセキュリティ会社が提供しているサービスですので安心感があります。

ウイルスを検知するという性能面では、個別にアプリやソフトを導入した場合と変わらないと考えください。プランによってはウイルスチェック機能以外の付加機能がついている場合もあります。また、ご利用料金プランによっては無料でセキュリティサービスを利用することができますので、確認してみてはいかがでしょうか。

キャリア別にサービスを簡単に紹介しますが、対応機種や対応内容はまちまちですので、詳しくはキャリアのホームページを参照してください。

(1)ドコモ「あんしんネットセキュリティ」
McAfee社提供のウイルスバスターです。ウイルスチェックや不正アプリへの警告、危険なサイトへのアクセスをブロックする機能もあります。申込が必要で、セキュリティスキャンは月額使用料無料、プライバシーチェックとセーフブラウジングは月額使用料200円です。

【提供される機能の例】
・セキュリティスキャン
・プライバシーチェック
・セーフブラウジング

参考:
ドコモ あんしんスキャン

(2)au「安心セキュリティパック」/「ウイルスバスター for au」
トレンドマイクロ社提供のウイルスバスターです。現在提供されている「安心セキュリティパック」は2017/11末を以て提供終了となり、今後は「auスマートパス」を契約することで同等のサービス「ウイルスバスター for au」に一本化される予定です。こちらも利用申込は必要です。

【提供される機能の例】
・不正アプリ対策
・Web脅威対策・Webフィルタリング
 不正サイトへのアクセス規制および警告表示を実施
・盗難/紛失対策
・お客様サポート

参考:
au 安心セキュリティパック

(3)Softbank「スマートセキュリティ powered by McAfee」
ドコモと同様、McAfee提供のセキュリティサービスです。「スマートフォン基本パック」に加入していない場合は申込が必要となります。

【機能一例】
・セキュリティスキャン
・プライバシーチェック
・セーフブラウジング

参考:
Softbank スマートセキュリティ powered by McAfee

【関連Q&A】
ウィルス感染の削除

▲ 目次に戻る

6.ウイルス感染を予防する方法

ウイルス感染を予防する方法

ここまでスマホのウイルス感染の被害や症状、対策を述べてきました。ウイルス感染は誰にでも起こりえることで、一度感染してしまうと対処が難しい場合があります。危機意識を保ち、事前にリスク回避をするよう心がけましょう。

▲ 目次に戻る

6-1.ソフトウェアやアプリのバージョンを最新化する

ソフトウェアやアプリの最新バージョンが提供されたら、速やかに適用しましょう。プログラムの中には、不具合の改善だけではなく、セキュリティ上の改善や対応策も盛り込まれています。ウイルスは日々進化しているため、古いバージョンのまま放置していると、これらの脆弱性をねらった攻撃を仕掛けられます。過去には、OSの脆弱性を利用して、端末にインストール済みの正規アプリを不正アプリに置き換えるという悪質な手口もありました。

自分のスマホは大丈夫だろうという過信したり、端末の空き容量がたりないから、とあと回しにしたりせず、ソフトウェアのアップデートを適用するだけで防げるものは、適宜対策していくのが予防策の第一歩です。

▲ 目次に戻る

6-2.アプリのダウンロード先に注意

アプリをインストールする場合は「App Store」や「Google Play」といった公式マーケットや、各キャリアが運営するマーケットなど、信頼できるアプリマーケットを利用しましょう。 

先にも述べた通り、Androidの場合はサードパーティが運営するマーケットが多く存在しまし、審査が簡易なマーケットでは、不正アプリが多く登録されている可能性が高いです。もちろん、公式マーケットだからといって一概に信頼はできませんが、非公式マーケットはより不正アプリが登録されやすいといえます。できる限り信頼性や安全性の高いマーケットを利用しましょう。

▲ 目次に戻る

6-3.アプリの利用権限に注意

アプリをインストールする時に、そのアプリが使う端末内の機能や情報が示されます。例えば、端末の連絡先や位置情報などです。その際に、アプリの性質上もしくは機能上、不要と考えられるアクセス権限を要求してきた場合は危険です。例えば、壁紙(ホーム画面の待ち受け)を設定するだけのアプリなのに、電話帳や位置情報のアクセス許可を求めてくる場合は不自然ですよね。

権限設定画面

アクセス権限はアプリを更新した際に、自動的に変更されている場合もあります。インストール済みのアプリであっても、今一度権限を確認してください。AndroidでもiPhoneでも利用権限を個別にONかOFFかを選べますので、許可したくない権限はOFFにし、あやしいアプリはアプリごと削除するなどしてください。

▲ 目次に戻る

6-4.あやしいサイトやメールは開かない

ウェブサイトやメールから、不正なサイト、不正アプリのダウンロードサイトへ誘導させるのは定番の手口です。どんなに興味をそそる内容でも、あやしいと思ったサイトや、知らない人から届くメールに書かれているリンクは不用意にアクセスしないようにしましょう。

iPhoneの場合は、iPhone搭載のSafariに「フィッシングサイト警告機能」というフィッシングサイトをブロックしてくれる機能があります。偽サイトなど、あやしいサイトにアクセスしようとした際には、ツールバーが赤くなり、警告が表示されるようになっていますので、利用してください。

Safari設定画面

「設定」→「Safari」の設定で「詐欺Webサイトの警告」をONにするだけです。

【関連Q&A】
スマートフォン ワンクリック詐欺?

▲ 目次に戻る

7.まとめ

まとめ

スマホの機能が拡大・複雑になるにしたがって、重要データがスマホ本体に保存されるようになり、トラブルにつながる可能性が高まっています。一度情報が漏えいしてしまうと、被害は自分のみならず、友人や知人にまでも広がり、まわりの人にも迷惑をかけてしまいます。スマホは、もはや携帯電話という位置づけに留まらない「小さいパソコン」です。スマホを利用する際には、ウイルスを始めとした、さまざまなセキュリティリスクがあることを認識して、早め、早めの予防策と対処を施していきましょう。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

水川あすか

水川あすか

千葉県出身。Slerにてweb系システムの設計から営業まで幅広く経験。
現在はライターとして、みなさまに分かりやすい記事をお届けできるよう日々邁進中。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

あなたのスマホ、ウイルスに感染していませんか? 知っておきたいウイルス感染の症状と対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

  • 片時もスマホを手離せない人間が急増し それに付随すると思われる事故の増加。 あるいはLINE等、犯罪の温床ともいわれているが 返信しなければ、の強迫観念にとらわれ 不眠やら、精神...

  • http://join.biglobe.ne.jp/mobile/3g/campaign/ を見てよくわからないのですが、 なぜ「スマホ」ではなく「ほぼスマホ」なのでしょうか? スマホの定義がいまいちよくわからないのですが あの女の人が...

  • PCのgoogle playにスマホ端末を認識させるにはどうしたらいいでしょう? パソコンとスマホを繋いで、パソコン上のgoogle playからアプリをスマホの方にしたいのですが、パソコン上のgoogle playに...

  • なぜ、携帯電話業界はスマホを推し進めているんですか? いまだに納得いかないので、質問させて下さい。 私はまだガラケーを使用しています。 今、携帯電話に機種変更しようとしてもお...

  • スマホを購入するためオークションを見ていると 以下のスマホでも入札があったりします。 なぜこれを購入したいと思うのでしょうか? 不思議なので質問させていただきました☆ 1・利用...

一般の回答者とともに、専門家も回答します!
気軽に質問してみましょう!

Q質問する(無料)

カテゴリ