2017年6月30日で「ITライフch」の更新を停止させていただきます。ご愛顧ありがとうございました。

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

スマホのトラブルは、初期化&復元で回避!初期化と復元方法まとめ(iPhone編)

スマホのトラブルは、初期化&復元で回避!初期化と復元方法まとめ(iPhone編)

iPhoneの初期化とは、端末を「工場からの出荷状態に戻す」ことです。初期化は、データを削除したい場合やトラブル対応の際に効果を発揮します。たとえば、使っていたスマホを中古で売る場合は、データを本体に保存したままだとデータの流出が不安です。また、「すぐに電池が切れてしまう」「タップしても動かない」「ホーム画面に何もうつらない」などのトラブルも、初期化で解決できる場合があります。ここでは、初期化とは何か、どんな課題を解決できるのかということ、iPhoneの初期化及び復元方法について、どんな課題を解決できるのかということとあわせてお伝えします。

目次

1.初期化するメリットとは?

初期化するメリットとは?

iPhoneの初期化とは、iPhoneの端末を「工場からの出荷状態に戻す」ことです。初期化を行うとで、連絡先やアプリなどのデータはすべて消えます。また、iPhoneの設定自体もカスタマイズ設定はすべて削除され、初期設定に戻ります。初期化のメリットは、不要なデータが削除され、軽くてスムーズな操作が可能になることです。

「すぐに電池が切れてしまう」「タップしても動かない」「ホーム画面に何もうつらない」などは、データが重くなっているために発生していることが多い事象です。このような場合は、初期化が有効である可能性が高いです。また、中古でiPhoneを売る場合も、お店まかせにせず、自分でも事前にデータを消しておくと安心です。

では、実際に初期化を行なうにはどのように進めていけばよいのでしょうか。初期化のやり方は「iPhone単体で初期化する方法」と、「iTunesを利用して初期化する方法(パソコン必要)」の2通りあります。それぞれの方法をご説明したいと思います。

【関連Q&A】
出荷時に戻して復元すれば、動きがスッキリするのか?

▲ 目次に戻る

2.iPhone単体で初期化する方法(パソコン不要)

iPhone単体で初期化する方法(パソコン不要)

まず、iPhone単体で初期化する方法を紹介します。パソコンが不要なので、場所を選ばずにできます。

▲ 目次に戻る

2-1.初期化前にしておくこと

初期化前にしておくことは、「バックアップ」と「iPhoneを探す機能の停止」の2つです。

●バックアップ
iPhoneの初期化には当然データの削除を伴います。ですから「バックアップ」を事前に行っておきましょう。バックアップを取らずに初期化を行うと、初期化前のスマホに保存されていた連絡先やアプリ・写真などを復元することができなくなります。

●iPhoneを探す機能の停止
「iPhoneを探す機能の停止」を行わずに初期化した場合は、初期化後に初期化前のApple IDとパスワードの入力を求めらます。アップルストアなどに修理に出す際は、「iPhone機能の停止」を自分で行なっておかなければ、修理を受け付けてもらえない場合があります。また、中古で販売する場合にも、トラブルや情報流出のリスクが高まります。

▲ 目次に戻る

2-2.事前準備:バックアップ方法(iPhoneのみで行なう場合)

「バックアップ方法」について、ご説明します。

iPhone「バックアップ」画面

(1)iPhoneアプリの中に「設定」をタップして開きます。

(2)サインインし、「iCloudバックアップ」をオンに設定します。
この時、「Wi-Fiに接続されている」「ロックがかかっている(操作を行なっていない)」「充電中」であることを確認します。

(3)「今すぐバックアップを作成」を選択すると、バックアップが開始されます。

(4)バックアップの日時が直近のものになっていれば完了です。

▲ 目次に戻る

2-3.事前準備:iPhoneを探す機能の停止方法

「iPhoneを探す機能の停止」の方法を、ご説明します。

事前準備:iPhoneを探す機能の停止方法

(1)iPhoneアプリの中の「設定」をタップして開きます。

(2)iCloudをタップし、その中にある「iPhoneを探す」をオフに切り替えます。

▲ 目次に戻る

2-4.知っておきたい注意点

バックアップ操作以前に写真や電話帳などのデータを手動で削除してしまった場合、バックアップから復元の作業をしてもデータは当然復旧しません。手動でのデータ削除はしないほうがよいでしょう

▲ 目次に戻る

2-5.具体的な初期化方法

次はいよいよ初期化です。具体的な手順を順番に見ていきましょう。

(1)お手持ちのiPhoneのホーム画面にある「設定」アイコンをタップします。

(2)「一般」をタップし、一番下にある「リセット」をタップします。

iPhone「リセット」画面

(3)リセットの設定内に、「すべてのコンテンツと設定を消去」という項目がありますので、そこをタップします。

(4)「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします」といった表示がでますので、その下にある「iPhoneを消去」をタップします。

(5)「本当に続けますか?」と表示されたら、「iPhoneを消去」をタップします。

(6)初期化が開始され、iPhoneの初期設定画面(アップルマークの後、「こんにちは」と表示)が表示されれば初期化完了です。

▲ 目次に戻る

3.iTunesを利用して初期化する方法(パソコン必要)

iTunesを利用して初期化する方法(パソコン必要)

iTunesを利用して初期化する方法を説明します。iPhoneを接続できるパソコンが必要であることやWi-Fi環境が整っていることの制約はありますが、確実・安全に行ないたい場合はこちらのやり方がおすすめです。

▲ 目次に戻る

3-1.初期化前にやるべきこと
(あらかじめバックアップを取るなどの事前準備について)

パソコンを利用して初期化を行なう場合も、事前にデータの「バックアップ」が必要です。
パソコンを使用して初期化する場合のみの事前準備は、「パソコンのOS状態を確認しておくこと」と「iTunesを最新のものにアップデートしておくこと」の2点です。

●パソコンのOS状態を確認
MacおよびWindowsの両方で基本的に初期化が可能とされているため、ほとんどの場合は問題ないかと思うのですが、PCのOSが古いバージョンだと対応していない場合があります。事前にお手持ちのパソコンでiPhoneの初期化が可能かどうか確認しておいた方がよいでしょう。詳しい条件は、Appleの技術仕様ページから製品を選択、「システム条件」をご確認ください。

iPhone 7 - 技術仕様

●iTunesを最新のものにアップデート
iTunesに関しても、古いバージョンだとiPhoneの初期化に対応していない可能性があります。最新のバージョンにアップデートしておくようにしましょう。

▲ 目次に戻る

3-2.知っておきたい注意点

注意点はiPhone単体で初期化を行なう際と同様で、復元した際に写真データなど、一部が見られなくなってしまう可能性があるため、手動でのデータ削除はしないほうが無難です。

▲ 目次に戻る

3-3.具体的な初期化方法

iTunesを使用したiPhoneの初期化方法について説明します。

iTunesを使用したiPhoneの初期化方法

(1)iPhoneとパソコンを接続し、パソコンでiTunesを起動します。

(2)iTunesを開き、画面右上のiPhoneのマークをクリックします。

(3)画面上部、一番左の「概要」というタブをクリックします

(4)画面右側中央部あたりにある「iPhoneを復元」というボタンをクリックします。

(5)「お使いのiPhoneを工場出荷(初期化)の設定に戻してもよろしいですか?」という確認画面がポップアップされたら「復元」をクリックします。

(6)iPhoneソフトウェア更新画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

(7)初期化が開始され、初期設定画面(アップルマークの後、「こんにちは」と表示される)が表示されれば初期化完了です。

「iPhoneを復元」というボタンがでてきますが、実行する作業は復元ではなく、初期化です。工場状態に「復元」するという意味で、ボタンの表示は「復元」となっています。

【関連Q&A】
iPhoneからの初期化とiTunesからの初期化の違いを教えてください

▲ 目次に戻る

4.アプリのみを初期化したい場合の対応法

アプリのみを初期化したい場合の対応法

アプリを含め、写真や電話帳などのデータごと消去する方法について紹介しました。けれども、そこまでしなくても、まずは不要なアプリのみを初期化・削除してスマホを軽くしたい場合についての対応法をお伝えします。

▲ 目次に戻る

4-1.ひとつずつアイコンを長押しして消去する方法

ひとつずつアイコンを長押しして消去する方法

(1)iPhoneのホーム画面で消去したいアプリ長押しします。

(2)全てのアイコンが揺れ、アイコンの左上に×印が表示されますので、消去したいアプリの×印を押せば完了です。

インストールしているアプリを数個だけ消去したい場合は、この方法が最も簡単です。また、誤ってその他のデータを消去してしまうリスクもないため、安全な方法といえるでしょう。
次にインストールしているアプリを一括消去する方法を紹介します。

【関連Q&A】
インストールしたアプリをスマホから完全に消去する方法

▲ 目次に戻る

4-2.アプリ全てを一括消去する方法

iPhoneを買った際に、「なんだかよくわからないままアプリをどんどん追加したものの、実際に使っているものは限られているので整理したい」「容量が少なくなったから一度クリアにしたい」など、色々な目的があるでしょう。そんな時、一つひとつ手動で消していく方法では気が遠くなってしまいます。そんな時に便利な一括削除の方法を紹介します。

▲ 目次に戻る

4-3.パソコンを使ってアプリを一括消去する方法

(1)iPhoneをパソコンにつなぎます。

(2)iTunesを起動し、デバイスはiTunesを選択します。

(3)左から3番目のタブ「App」を選択すると、パソコン画面左側にホーム画面が表れます。

(4)「削除」を順番にクリックし、最後に画面右下の「適用」をクリックすれば完了です。

アイコン長押しに比べるとパソコン起動の手間はかかりますが、一つひとつの作業は短時間で済みます。またアプリの容量を確認しながら行えるため、多くのアプリを一度に削除したい場合におすすめです。

▲ 目次に戻る

4-4.専用のアプリを使用してアプリを一括消去する方法

(1)「Copy Trans Apps」を検索してインストールします。

(2)インストールが完了したらiPhoneとパソコンを接続し、Copy Trans Appsを起動します。

(3)画面左上に「すべてのアプリを選択」というタブを選択します。

(4)「アプリをアンインストール」のタブを選択し、「○個のアプリをアンインストールしますか?」と表示されたら「OK」を押せば削除が完了です。

このアプリは、上記のような一括消去の場合だけでなく、復元時も役に立ちます、一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

▲ 目次に戻る

4-5.誤って消してしまった!消したアプリを復元する方法

「うっかりアイコンを長押ししてしまった!」「知らないうちに子どもが消してしまっていた!」など、うっかりアプリを消してしまったので復元させたい、という場合も多々あるかと思います。その際は、iPhoneのバックアップを取っているのが前提で、iCloud、iTunes、Copy Trans Appsのアプリ、いずれかを使用して復元が可能です。

▲ 目次に戻る

5.「初期化できないパターンおよび対処法」と「初期化の留意点」

「初期化できないパターンおよび対処法」と「初期化の留意点」

上記に挙げた方法では初期化できない場合もあります。そのパターンおよび対処法を紹介します。

▲ 目次に戻る

5-1.初期化できないパターンおよび対処法(手元に端末がある場合)

iPhoneが手元にあっても、本体の4桁パスワードを忘れてしまった場合は、操作ができず「設定」アプリまでたどりつくことができません。日頃からパスワードをタップして入力している方はこういったケースはないかと思いますが、普段指紋認証を利用している方の場合、いざパスワードの入力を求められると思い出せないといったケースも考えられます。その場合は、リカバリーモードで強制的に初期化するしかありません。その際の手順は以下となります。

(1)iPhone本体の電源を切ります。

(2)iPhoneと、iTunesがインストールされたパソコンを接続します。この時、iPhoneはホームボタンを押したままの状態にしておきます。

(3)iPhoneのホーム画面にスタンドマイクのような画面が表示されますので、表示されたら押していたホームボタンから指を離します。

(4)iTunesが起動し、「工場出荷時の状態(初期化)に戻しますか?」といった表示がでますので、「復元」ボタンをクリックします。

(5)「次へ」をクリックすると、「同意する」といったボタンが表れますのでそこをクリックします。

(6)初期化作業が開始されるため、終了までしばし待ちます。

ちなみに、当然ではありますが、パソコンがない場合にこの方法は実行できません。パソコンが手元にない場合は、直接Apple Store(アップル ストア)に問い合わせるとよいでしょう。

▲ 目次に戻る

5-2.初期化できないパターンおよび対処法(手元に端末がない場合)

iPhoneを紛失してしまい、悪用される前に初期化状態に戻しておきたいといったケースも考えられます。次は、そういった場合の対処法です。

(1)パソコンもしくはiPhoneを借用し、「iPhoneを探す」サイトへアクセスします。

(2)Apple IDとパスワードの入力を求められますので、入力し、サインインします。

(3)すると、地図が表示され、いま自身のiPhoneがどこにあるのかがわかるようになります。そこで、「iPhoneの消去」をクリックし、初期化します。

上記の方法は、「iPhoneを探す」機能が事前にオンになっている場合にかぎります。

▲ 目次に戻る

5-3.初期化の留意点

初期化にはメリットだけではなく、当然デメリットもあります。初期化によって考えられる留意点には、下記のようなものが挙げられます。

・初期化後に元の状態に構築するまでに時間がかかる
(特にアプリの数が多いと膨大な時間を要する場合があります)

・バックアップができてない場合は、データが消えてしまう

いざ「iPhoneを使いたいときに復元が間に合っていない」や「大事なデータが初期化で消えてしまった」ということがないように、留意点を踏まえて初期化を行うことが重要です。

▲ 目次に戻る

6.一度初期化したiPhoneの復元方法

一度初期化したiPhoneの復元方法

一度初期化してしまったものの、「もう一度あのデータが見たい!」「iPhoneを初期化前の状態に戻したい」といった場合、復元方法も知っておくといざという時に慌てずにすみます。そこで、一度初期化してしまったiPhoneを復元する方法を紹介します。

▲ 目次に戻る

6-1.iPhone単体で復元する方法(パソコン不要)

(1)手持ちのiPhoneの「iPhoneを探す」機能をオフにしておきます。

(2)iPhoneの設定から、「iCloudバックアップから復元」を選択します。

(3)Apple IDとパスワードを求められますので入力し、サインインします。

(4)「次へ」をクリックし、利用規約に「同意する」を選択します。

(5)初期化が完了すると、iOSの設定アシスタント画面が表示されるため、順番に入力を進めていきます。この時、Wi-Fiに接続されているかどうかも合わせて確認しておきましょう。

(6)「iPhoneを設定」を選択し、「iCloudバックアップから復元」を選択してタップします。

(7)Apple IDとパスワードを入力してiCloudにサインインし、「次へ」をタップします。

(8)利用規約に同意し、バックアップが完了したら「続ける」をタップするとアプリが順次復元されます。

▲ 目次に戻る

6-2.iPhoneとiTunesを利用して復元する方法(パソコン要)

(1)iPhone単体での復元時同様、「iPhoneを探す」機能をオフにしておきます。

(2)iPhoneとパソコンを接続し、iTunesを起動させます。

(3)iTunesの「概要」をクリックし、「iPhoneを復元」をクリックします。
※この時、バックアップについて尋ねられますので、直近でバックアップをしていない、もしくはいつ行ったか記憶がない場合は「バックアップ」を選択します。

(4)初期化が完了すると、「新しいiPhoneへようこそ」といった画面が表示されますので「このバックアップから復元」を選択します。

(5)バックアップ時に入力したパスワードの入力が求められるので、入力し、「OK」を押すと復元作業が開始されます。

【関連記事】
なくしてからでは遅い!iTunes・iCloudを使ったiPhoneのバックアップと復元方法まとめ

▲ 目次に戻る

6-3.写真の復元方法

iPhoneに限らず、スマホの初期化・復元で気になるのは写真や動画を復元することができるかどうかということ。一部ゲームなどのアプリであれば再度進めていくことができますが、写真や動画の場合は元に戻せません。

写真については、iCloud及びiTunesでバックアップを取る方法と、そのほかのクラウドサービスにアップロードしておく方法の2通りがあります。

iCloud及びiTunesでバックアップを取った場合は、iPhoneと同期すれば写真データは復元します。
クラウドサービスは、Google Photoが最も一般的です。Google Photoのサービスでは無料で容量無制限に写真をアップロードし保存することができます(高画質での保存を希望する場合は、有料になります)。

Google Photo

▲ 目次に戻る

6-4.復元の注意点

iCloudを使用する場合、パソコンとiPhoneを接続してiTunesで行なう場合、いずれの場合も定期的なバックアップを行っていないと、いざデータが消失したときに復元ができなくなります。また、復元時にはWi-Fi環境が安定していないと復元がうまくいかない可能性もありますので、注意しましょう。

▲ 目次に戻る

7.スムーズに初期化・復元を行なうために日頃から定期的なバックアップを

スムーズに初期化・復元を行なうために日頃から定期的なバックアップを

iPhoneの初初期化は突然のフリーズなどのトラブルや紛失・盗難による個人情報流出に対応するのに有効な方法です。しかし、日頃からバックアップを定期的にとっておかないと初期化と同時にデータが消失してしまうことになります。いざという時にパニックにならないよう、こまめにバックアップはとっておきましょう。

初期化と復元の方法を頭の片隅に入れておけば、自分で対応が可能なトラブルもあります。ぜひ、トラブルが発生したときは当記事を思い出して、初期化・復元でトラブル対応をしてくださね。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

岩田まゆみ

岩田まゆみ

元ホテル企画・広報。今は一児の母。
グルメや美容、スマホ、家電などライフスタイルを豊かにすることを調べ執筆するのが好きです。
2016年より執筆活動を行なっています。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

スマホのトラブルは、初期化&復元で回避!初期化と復元方法まとめ(iPhone編)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

カテゴリ