[特集]キャッシュクリアの方法と常駐アプリケーションまとめ

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。
Q&Aでは一般の回答者とともに専門家も回答します。
ITにまつわる疑問や困ったことはここで解決しましょう!!

やってくる迷惑メールをどうにかしたい!どうすればいい?iPhoneの迷惑メール対策まとめ

やってくる迷惑メールをどうにかしたい!どうすればいい?iPhoneの迷惑メール対策まとめ

メール機能は、ガラケーの時代からの基本的なコミュニケーション手段。けれども、たくさん届く迷惑メールでメールボックスがいっぱい、大事なメールが埋もれてしまう、なんてことは避けたいですね。そんな迷惑メールも、iPhoneの端末操作や、キャリア毎の設定で、あらかじめ別のフォルダに振り分けたり、アドレスを拒否したりできます。ここでは、iPhoneでの共通設定と、代表的なドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリア別に、設定方法をご紹介します。ちょっとした操作で、迷惑メールが届いた時の「イラッ」と感じるストレスを解消してみませんか。

1.iPhoneに届く迷惑メールは4種類


iPhoneで使うことのできるメールはいくつかあり、それぞれに使い方や対策も異なってきます。iPhoneに届くメールの種類は、大きく分けてつぎの4種類になります。

・Appleから提供される「iCloudメール
・ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリア各社から提供される「キャリアメール
・電話番号宛てにメッセージが届く「SMS(ショートメール)
・GmailやYahoo!メールなどの「フリーメール

メールの種類が違えば仕組みも異なるので、当然迷惑メールも4種類がそれぞれ別々の方法で受信されてしまいます。まず、それぞれのメールの仕組みと迷惑メールの特徴を見ていきましょう。

【関連Q&A】
iPhone6に機種変してから迷惑メールが毎日大量にくるようになったのですがなぜでしょうか??

▲ 目次に戻る

1-1.iCloudメール:自動フィルタリング機能が搭載

iPhoneを購入した後の初期設定で、Apple IDの取得・設定をすることになります。このApple IDを取得する時に無料で提供され、利用できるようになるのがiCloudメールです。iCloudメールは、この後説明するキャリアのメールと同じEメールで、iPhoneで使いたいときは「メール」アプリを使って利用します。 iCloudメールは、iCloudサーバ側でトレンド分析、動的リストなどの技術を駆使して、コンテンツフィルタリングを実施しているので、ある程度の迷惑メールはiPhoneに届く前にブロックされるようになっています。

▲ 目次に戻る

1-2.キャリアのメール:よく使われる分、不要なメールも多くなる

キャリアごとに提供されているメールで、ドコモは「@docomo.ne.jp」、auは「@ezweb.ne.jp」、ソフトバンクは「@i.softbank.jp」「@softbank.ne.jp」の2つのドメイン名が割り振られています。ドメイン名より左側のメールアドレス自体は自由に設定できますが、既に使われているアドレスは使えません。

また、あまり簡単なアドレスにすると、迷惑メールの送信者が類推しやすいものになってしまいます。使われやすい単語や、短めの数字、またアドレス自体が短いものは迷惑メールのターゲットになりやすいので、迷惑メールへの対策を考えると、意味の通らない英数字や記号を付け足すなどしたほうが、安全と言えます。

アプリの会員登録時や割引クーポンを取得する時などで、アドレスを入力しようとすると、「登録するメールアドレスは、キャリアのメールアドレスに限定」ということもあります。いろいろなサービスにメールアドレスを登録することで、便利にサービスを利用することができますが、その反面、時には様々な企業から広告メールが届いたり、最悪のケースだとメールアドレスが盗み見られて流出したりすることもあります。
いわゆる「迷惑メール」と聞いたときに、イメージするのは、このキャリアのメールアドレスに届くメールかもしれません。

このメールは先ほど説明したiCloudメール同様、プリインストールされている「メール」アプリを使って利用します。ただし、ソフトバンクの「@softbank.ne.jp」のアドレスだけは「メッセージ」アプリで利用します(MMS)。初期設定は各キャリアの設定用Webページにアクセスして操作すると簡単に設定できます。

【関連Q&A】
迷惑メールのブロック方法

▲ 目次に戻る

1-3.SMS(ショートメッセージサービス):デフォルトアプリの「メッセージ」に届くショートメッセージ

SMS(ショートメッセージサービス)は、電話番号を宛先にしてやりとりをするメッセージサービスです。iPhoneに限らず、電話番号での通話ができる携帯電話(ガラケー、スマホ)どうしでメッセージのやりとりができます。なお、ショートメッセージというだけあって文字数の制限があり、全角で70文字、半角英数字は160文字までとなっています。画像添付もできませんし、メールのように「件名」をつけることもできません。SMSの受信は料金がかからず、0円ですが、送信するとお金がかかります(キャリアによって送信時の料金範囲は異なります)。

SMSはiCloudメールやキャリアのメールとは異なり、iPhoneにプリインストールされている「メッセージ」アプリに届きます。

SMSは、宛先が電話番号なので、「0x0-xxxx-xxxx」のパターンで数字を打ち込めば、誰かの宛先には届きます。すなわち、迷惑メールの送信元はランダムにメッセージを送ることができてしまいます。

▲ 目次に戻る

1-4.フリーメール:専用アプリでも、「メール」アプリでも使える

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールは、IDを登録すれば無料でメールアドレスが手に入ります。これらのメールは専用のGmailアプリ、Yahoo!メールアプリを使うこともできますし、iPhoneにプリインストールされている「メール」アプリを使うこともできます。無料でアドレスが手に入るので、キャリアのメールと、利用するシーンを分けて使う(ビジネス用、プライベート用、SNS用、会員登録用、等)ことができます。
フリーメール宛ての迷惑メールへは、iCloudメールのように、メールサービスを提供している各社でコンテンツフィルタリングをしていたり、迷惑メールフォルダへの振り分けルールが設定されていたりします。フリーメール専用のアプリを使った場合の操作はアプリごとに異なります。

▲ 目次に戻る

1-5.【番外編】SNSに迷惑メッセージが届くことも

メールではありませんが、LINEやカカオトーク、FacebookのMessengerなどSNSでも迷惑メッセージがあります。知り合いになりすましてメッセージを送ってきたり、「友達」になるよう申請をしたりしてきます。

・知らない人からメッセージが来て、見知らぬURLにジャンプするよう誘導され、外部の危険なサイトへアクセスしてしまう。
・友達になりすましてプリペイドカード(iTunesカードなど)を買ってコードを送るよう言われる。
・友達の登録をさせてアカウントを乗っ取り、パスワードも変えてしまって勝手にメッセージや投稿を書かれたりする。

といったケースがあります。ここでは細かく設定方法は説明しませんが、知らない相手からのメッセージをむやみに開いたり受け取ったりしないようにして、開けるときも十分注意したほうが良いでしょう。

▲ 目次に戻る

2.迷惑メールの一般的な対策

迷惑メールの一般的な対策

迷惑メールもさまざまな種類がありますが、迷惑メール対策の視点から見ると、下記があげられます。

・メールマガジンの登録や会員登録をしたときに、追加オプションで送信される不要なメール

・身に覚えがない配信元から送付されてくる迷惑メール

▲ 目次に戻る

2-1.メール配信元から配信停止する

メールマガジンの配信や、会員Webサイトのメンバー登録をすると、登録に使ったメールアドレス宛に、「お得情報」「会員限定プレゼント」のような、登録したつもりのないメール、特に必要でない商用メールが届くことがあります。
この場合は、登録したWebサイトなどで登録解除すれば、メールが止まることがあります。登録解除の方法はそれぞれ異なりますが、ほとんどの場合は以下の方法で配信が止まります。

・メール下部の「配信停止」「登録解除」「購読停止」や、「お問い合わせ」「FAQ」などのリンク先にアクセス

・登録したメールアドレスやID、パスワードを入力し、配信停止設定

メールアドレスの入力だけで配信が止まるものもありますが、ID、パスワードの入力が必須な場合、それを忘れていると設定できません。ID、パスワードを再設定するか、アプリを削除してしまった、再設定ができない、という状況であれば、これから説明する迷惑メール設定をしたほうがよいかもしれません。ただ、同じメールアドレスから大事な情報が送信される場合もありますので、設定は慎重に行ったほうがよいでしょう。

▲ 目次に戻る

2-2.iPhone「iCloudメール」共通の迷惑メール設定(Eメール)

iPhoneの「iCloudメール」には迷惑メールフォルダがついています。この「迷惑メール」フォルダにメールを移動することで、次回以降、同じアドレスからのメールが自動的に「迷惑メール」フォルダに振り分けられます。

(1)メールの受信フォルダで、迷惑メールと思われるメールを右から左にスワイプ
(迷惑メールはフィッシングサイトのURLや悪質な添付ファイルなどもあり、開いてもいいことがないので、特に怪しいメールは開かないように注意する)

(2)ボタンが表示されるので、グレーで表示された「その他」をタップ

(3)「メッセージを移動...」をタップ

(4)「迷惑メール」をタップ

これで、迷惑メールフォルダに移動できました。
ちなみに、複数のメールを迷惑メールフォルダに移動したい時は、メールの受信フォルダを開いた後、以下の対応で複数のメールを一度に迷惑メールフォルダに移動することができます。

(1)右上の「編集」ボタンを押して、メールの左側に出てきた〇印(チェックボックス)をタップし、迷惑メールを選択

(2)画面下部中央にある「移動」をタップ

(3)「メッセージを移動…」をタップ

(4)「迷惑メール」をタップ

この対策方法のメリットは、なんといってもiPhoneのメールアプリの操作だけで、迷惑メールの振り分けができるところです。

デメリットは、これで実行できるのはあくまでも「iCloud」のメールだけであることと、「迷惑メールと思われるメールを別のフォルダに振り分ける」だけで、受信拒否はしてくれないところです。

「迷惑メールっぽい」「あやしいメールだけれど、受信拒否はせず、どんなメールが来るのか様子はみたい」「でも受信フォルダに怪しいメールがたくさん届くのは困る」という場合、自動で振り分けてくれるこちらの機能は使い勝手がいいでしょう。
なお、このフォルダに振り分けられたメッセージは、30日後には削除されますので、注意してください。

▲ 目次に戻る

2-3.iOS 7より、iPhone本体の設定でSMSの着信拒否ができる

iPhoneがiOS7以降のバージョンであれば、SMSの受信拒否が設定できます。

(1)「連絡先」に受信拒否したい電話番号を登録

(2)ホーム画面で「設定」をタップ

(3)「メッセージ」をタップ

(4)「着信拒否設定」をタップ

(5)「新規追加...」をタップ

(6)先ほど「連絡先」に登録した相手連絡先を選択

これでiPhoneの着信拒否設定のリストに加わります。
この機能の注意ですが、受信拒否の対象が電話番号なので、SMSと一緒に電話番号も着信拒否されます(そのため「着信拒否設定」というメニューです)。

▲ 目次に戻る

3.迷惑メールのキャリア別設定方法(キャリア別メール)

迷惑メールのキャリア別設定方法(キャリア別メール)

iCloud以外のメールアドレスでも迷惑メールの受信そのものを止めたい、特定のアドレスを受信拒否にしたい、という場合は、ドコモ、au、ソフトバンク、それぞれのキャリアのWebサイトから設定をすることができます。IDやパスワードの入力があり、iPhone本体でできる設定よりは多少手間がかかりますが、特定の迷惑メールをシャットアウトしたり、メールのフィルタリングをより強固にしたりできます。

ちなみに、各社とも拒否リストを作る時に「アドレス受信拒否」と「ドメイン受信拒否」2パターンがあります。この内、後者のドメインとはメールアドレスの@より右側に記載されている部分を言います。同じドメインでも@の左側の部分だけ変えると別のメールアドレスが作成できるため、複数のメールアドレスを使って送ってくる業者もあります。その場合、アドレス拒否設定をすると、@の左側だけ変えて送ってくるので、いたちごっこになってしまいますが@の右側のドメイン自体を拒否することで、いたちごっこが解消できます。そのような場合には「ドメイン拒否設定」を使うと非常に有効です。

▲ 目次に戻る

3-1.ドコモ:「迷惑メール_ドコモ用」に自動で振り分け

ドコモのメール設定で迷惑メールの対策ができます。

(1)ホーム画面から「Safari」をタップ

(2)ブックマークのアイコン(本の形)をタップ

(3)「ドコモお客様サポート」を選択

(4)お客様サポートのトップ画面にジャンプしたら、「サービス・メールなどの設定」をタップ

(5)「メール設定」をタップ

(6)ここでログイン画面が表示されたら、docomo IDとパスワードを入力

(7)「メール設定」画面が表示

まずは一括設定を確認します。「迷惑メール対策設定」で、フィルタリングの設定を行うことができます。

受信拒否 強:
携帯電話(キャリアメール)からのメールは受信し、パソコンからのメールは拒否します。

受信拒否 弱:
パソコンからのメールも受信しますが、なりすましアドレスのメールは受信拒否します。

どちらも、出会い系サイトなどの特定のURLが記載されているメールは、自動的に受信拒否されます。パソコンからのメールを受信しない場合は「受信拒否 強」を、受信する場合は「受信拒否 弱」を選ぶとよいでしょう。

この設定でもまだ迷惑メールが受信される場合は、詳細設定を確認します。先ほどの「メール設定」画面が表示された後、「詳細設定/解除」をタップします。

URL付きメールを拒否設定:
携帯、パソコンどちらから送信されてもURLが記載されていると一切受信できなくなります。拒否の強さは大分強力ですが、たとえ知り合いでもメールでURLを記載したやりとりができなくなってしまうので、よほど「URLを使ったメールは受信しない!」と決めているユーザ以外は「設定解除」になっているほうが望ましいでしょう。

受信/拒否設定:
拒否したいメールアドレスやドメインが設定でき、受信拒否リストを作成することができます。

アドレスを拒否する場合:
(1)「受信/拒否設定」をタップ

(2)画面を下にスクロールして「ステップ5」を表示

(3)「アドレス拒否設定」をタップ

(4)「アドレス拒否設定」画面が表示されるので、受信拒否したいメールアドレスを入力(1画面につき20件まで)

(5)画面を下にスクロールして「登録」をタップ

ドメインを拒否する場合:
(1)「受信/拒否設定」をタップ

(2)画面を下にスクロールして「ステップ5」を表示

(3)「ドメイン拒否設定」をタップ

(4)「ドメイン拒否設定」画面が表示されるので、受信拒否したいドメイン(@から右の部分)を入力

(5)画面を下にスクロールして「登録」をタップ

このほか、月額200円の「あんしんネットセキュリティ」か、ドコモのiPhoneユーザ用の「あんしんパック」に加入していると、付属の迷惑メールおまかせブロック機能が利用できます。迷惑メールの疑いのあるメールを、ドコモのメールサーバ上で判定して、専用の「迷惑メール_ドコモ用」フォルダに振り分けます。このフォルダはiPhoneの「メール」アプリでフォルダの中を見ることができます。

(1)「メール」を開く

(2)画面右上の「編集」をタップ

(3)「メールボックスを追加」をタップ

(4)「ドコモメール」をタップ

(5)「迷惑メール_ドコモ用」を選択して、画面右上の「完了」をタップ

(6)メールボックスに「迷惑メール_ドコモ用」が表示

この「迷惑メール_ドコモ用」フォルダは、迷惑メールを受信したタイミングで作成されるので、まだ迷惑メールと判定されたメールが1通も届いていない時には、フォルダは表示されません。

▲ 目次に戻る

3-2.au:「おすすめ設定」で簡単に迷惑メールを設定

auのiPhoneで受信するメールには、「ウイルスメール規制」「迷惑メールおまかせ規制」が自動設定されており、セキュリティ会社のシマンテックのウイルスパターン情報、判定情報等を基にウイルスや迷惑メールの疑いがあるメールを自動検知して、規制しています。

迷惑メールフィルターの設定としては、一括の「オススメ設定」ができます。

(1)ホーム画面から「Safari」をタップ

(2)ブックマークのアイコン(本の形)をタップ

(3)「auお客様サポート」を選択

(4)「迷惑メールフィルター」のログインページへアクセス

(5)「au IDとパスワードを入力してログインする」をタップ

(6)ここでログイン画面が表示されたら、au IDとパスワードを入力

(7)「EZ番号通知確認」画面が表示されるので、内容を確認して「同意する」をタップ

(8)迷惑メールフィルターのトップ画面が表示されるので、「オススメ設定をする」をタップ

(9)「OK」をタップする。これで迷惑メールのオススメ設定が完了しました。

上記の設定でもまだ迷惑メールが受信される場合は、より詳細なフィルタ設定をします。

「拒否リスト」では、指定したメールアドレスからのメールを受信できないようにします。

(1)迷惑メールフィルターのトップ画面を表示

(2)「拒否リストに登録する」をタップ

(3)「拒否リスト設定」画面が表示

(4)一番上の同意文書のチェックボックスをタップしてチェックをつける

(5)拒否したいメールアドレスまたはドメイン(@の右側)、もしくはメールアドレスの一部を入力し、左側のチェックボックスをタップしてチェックをつける

(6)画面を下までスクロールし、【拒否リストの有効・無効設定】欄にあるボタンが「有効」になっている状態で、その下の「変更する」ボタンをタップ

(7)変更確認画面が表示されるので、「OK」をタップ

(8)ドコモ、ソフトバンクなど事業者毎に受信/拒否を設定可能

(9)迷惑メールフィルターのトップ画面が表示された後、「携帯/PHS以外からのメールを拒否する」をタップ

(10)「携帯/PHSの事業者毎に受信/拒否設定する場合はコチラ」をタップ

(11)au、docomo、ソフトバンク、Facebookなど表示されている事業者毎に「受信する/受信しない」を選択した後、画面下までスクロールし、「変更する」をタップ

(12)変更確認画面が表示されるので、「OK」をタップ

▲ 目次に戻る

3-3.ソフトバンク/迷惑メールフィルターでフィルタリングのレベルを強化

ソフトバンクのiPhoneにはなりすましメールへの拒否設定が初期設定されています。
ソフトバンクは「@i.softbank.jp」「@softbank.ne.jp」の2つのアドレスが存在しますが、ここでは「メール」アプリを使う「@i.softbank.jp」の設定をご紹介します。

まず、迷惑メールのブロック設定を行います。

(1)ホーム画面から「Safari」をタップ

(2)ブックマークのアイコン(本の形)をタップ

(3)「My SoftBank」を選択

(4)My SoftBankのページが表示されるので、「メール設定」をタップ

(5)「メールの設定」画面で、メール設定「Eメール(i)」の「設定する」をタップ

(6)「迷惑メールブロック設定」項目の「次へ」を選択

(7)下までスクロールし、「拒否」のカテゴリーの「迷惑メールフィルター」項目の「変更」をタップ

(8)「迷惑メールフィルター」の強度を選択。迷惑メールがしつこく届くのであれば「強」を選択。選択後、「次へ」をタップ

(9)確認画面で「変更」をタップ

この設定でもまだ迷惑メールが受信される場合は、拒否リストを設定します。

(1)「メールの設定」画面で、メール設定「Eメール(i)」の「設定する」をタップ

(2)「受信拒否リスト」の「変更」をタップ

(3)「利用開始」を押した後、「次へ」をタップし、「追加」をタップ

(4)メールアドレスの一部または全部を入力 (5)完全一致、部分一致などが選択可能、ラジオボタンから選択後「次へ」をタップ

(6)登録内容確認を行い、「登録」をタップ

【関連Q&A】
iPhoneで迷惑メールブロックできますか?

▲ 目次に戻る

4.迷惑メールのキャリア別設定方法(SMS)

迷惑メールのキャリア別設定方法(SMS)

▲ 目次に戻る

4-1.ドコモの設定方法

spモード設定で、番号ごとに拒否リストに登録することができます。

(1)Safariでお客様サポート(My docomo)のメール設定ページを開く

(2)「SMS拒否設定」をタップ

(3)ネットワーク暗証番号を入力後、「個別番号拒否設定」の「個別番号編集(Edit)」画面で拒否したい電話番号を入力

(4)「決定(Select)」をタップ

▲ 目次に戻る

4-2.auの設定方法(Cメール)

iOS7以降、iPhone上の操作でSMS・MMSの着信拒否設定が可能になりました。番号を拒否リストに登録することで、自動でメッセージが破棄されます。

(1)SMSを開き、右上の「i」ボタン(iOSのバージョンによっては「詳細」または「連絡先」)をタップ

(2)連絡先情報(アイコン、名前や電話番号)をタップ(バージョンによっては「i」ボタン)

(3)画面下部「この発信者を着信拒否」をタップ

(4)赤字の「連絡先を着信拒否」をタップ

▲ 目次に戻る

4-3.ソフトバンクの設定方法

ソフトバンクのメールアドレスのうち、「@softbank.ne.jp」(MMS)と、電話番号(SMS)の設定方法です。

(1)ホーム画面から「Safari」をタップ

(2)ブックマークのアイコンをタップ

(3)「My SoftBank」を選択

(4)「メール設定」から、「SMS/MMS」枠内のメール設定(SMS/MMS)「設定する」をタップ

(5)「迷惑メールをブロック」をタップ

(6)「初期設定」(=ソフトバンク推奨)、「ケータイ/PHS設定」(=携帯電話/PHSからのメール以外は受信しない)、「きっずオススメ設定」から選択してタップ

(7)内容を確認して「設定する」をタップ

フィルタリングをさらに強くするには、以下の手順を行います。

(1)「メール設定」画面以降の「迷惑メールをブロック」をタップ

(2)「個別設定はこちら」をタップ

(3)「迷惑メールフィルター」を「強」「標準」から選択(転送メールやメールマガジンを使う場合は「標準」が良い)

個別に拒否リストを作成する場合は、下記を設定します。

Eメールの場合:
(1)「個別設定はこちら」をタップ

(2)「受信拒否リスト設定」をタップし、「設定する」にチェックを入れて、拒否したいメールアドレスを入力(MMS)

電話番号メールの場合:
(1)「個別設定はこちら」をタップする。

(2)「許可・拒否設定」をタップし、「リストの電話番号を拒否する」にチェックを入れ、「リスト設定」に拒否したい電話番号を入力(SMS)

【関連Q&A】
ソフトバンクiPhoneでメッセージについて

▲ 目次に戻る

5.迷惑メールの解除


迷惑メールのフィルタリングを強化しすぎると、今度は逆に必要なメールが届かなくなってしまうことがあります。その場合はフィルタリングのレベルを弱めたり、セーフリスト(受信リスト)にアドレスを追加したりします。フィルタリングのレベルを変更する場合は、設定した際と同じ画面で変更します。受信リストは、拒否リストと同様に迷惑メールの設定ページにアクセスし、受信したいメールアドレスを入力します。

▲ 目次に戻る

6.まとめ

やってくる迷惑メールをどうにかしたい!どうすればいい?iPhoneの迷惑メール対策まとめ

以上、さまざまな設定方法をご紹介しました。各キャリアやメールサーバを持っている会社では迷惑メールが届かないように、既に様々な対策を行っています。ただし、何が迷惑メールとなるかは人によって厳密には異なりますし、迷惑メール自体もフィルタをすり抜けられるように巧妙に作られているものもあります。結局のところ、使う人の状況によって、一括設定と個別設定のある程度のカスタマイズは必要になってきます。

個別に迷惑メールの設定をするのは多少面倒な面もありますが、それによって日々受信する迷惑メールの煩わしさが解消される期待が持てますし、一旦設定を自分で行うことで、同じようなことがあってもどのように対応していいのかがわかってきます。

また、毎回各キャリアのサイトに拒否リストを登録するのも大変なので、日ごろはiPhoneの「迷惑メール」に振り分けておいて、定期的にたまったメールの受信拒否、受信許可の設定をし直すというのもいいでしょう。自分にあった方法で、iPhoneのメールコミュニケーションをよりスムーズにしたいものです。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

椎名滉人

椎名滉人

慶応SFC卒業後、ベンチャー企業、外資系コンサルティング企業に勤務する。
24時間子どもの面倒を見る傍ら、執筆活動を行う2児の父。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

やってくる迷惑メールをどうにかしたい!どうすればいい?iPhoneの迷惑メール対策まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

一般の回答者とともに、専門家も回答します!
気軽に質問してみましょう!

Q質問する(無料)

カテゴリ