2017年6月30日で「ITライフch」の更新を停止させていただきます。ご愛顧ありがとうございました。

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

手軽に始められると評判のプリペイドSIMとは?

手軽に始められると評判のプリペイドSIMとは?

格安SIMの利用を検討している人にとって手軽な選択肢の一つが「プリペイドSIM」です。コンビニなどでも販売されており、気軽に始められる点で人気があります。通常の格安SIMとくらべて、どこが異なり、どのような利点があるのでしょうか?ここでは、プリペイドSIMのメリットとデメリット、プリペイドSIMを提供している事業者とプランなどをご紹介します。

1.プリペイドSIMとは?

プリペイドSIMとは?

プリペイドSIMとは、プリペイドという名前のとおり事前に料金を支払って利用するSIMカードのことです。対応しているスマートフォンに挿すことで、データ通信ができるようになります。利用期間や通信データ量でプランが分かれており、その期間やデータ量を超えると通信ができなくなるしくみです。新たなプリペイドSIMを購入してスマートフォンに挿すか、対応しているものであればチャージすれば、またデータ通信ができるようになります。

【関連記事】
プリペイドSIMとは?

▲ 目次に戻る

2.どのような人がプリペイドSIMを購入するのか?

プリペイドSIMを利用する訪日外国人

プリペイドSIMを利用する人の代表は、日本に訪れる外国人の旅行者や、短期間の一時帰国をする海外在住の日本人です。日本は海外と比べてWi-Fiスポットが少なく、Wi-Fi以外の通信手段を持っていなければ満足にスマートフォンで通信することができません。そこで、なにかしらの通信手段を得ねばなりませんが、その選択肢の一つがプリペイドSIMなのです。

また、日本人が海外旅行に行く際にもプリペイドSIMは役立ちます。いつも使っているスマートフォンを海外でも使えるのは非常に便利です。旅行先によっては現地でもプリペイドSIMが販売されていますが、日本でも海外でも使えるプリペイドSIMを取り扱っている通信事業者があります。日本語でのサポートが得やすい点と、対応している国であればSIMを差し替える必要がないという使い勝手のよさがあります。

国内在住の人にもプリペイドSIMを選ぶ理由やメリットがあります。まず、格安SIMへの乗り換えを検討している人にとって、プリペイドSIMはトライアルで使用するのに適しています。格安SIMは確かに料金が魅力的ですが、通信の速度やサポートなどに不安が残るもの。そういう人はプリペイドSIMでとりあえず試してみて、通信速度などの使用感や初期設定の方法などを実際に体感して判断することができます。

事前に料金を支払い、使い切ってしまえばそれ以上通信ができないという点から、子どもに持たせるスマートフォンに使用している人もいます。キャリア決済はできませんし、クレジットカード情報など金銭が関わる情報を登録する必要もないので、自分が知らないところで勝手にソーシャルゲームに課金していた、といった事態も防げます。

【関連記事】
プリペイドスマホ SIMカード

▲ 目次に戻る

3.プリペイドSIMのメリット

プリペイドSIM 店頭購入

プリペイドSIMは大手キャリアのプランと比べコストが低めですが、正しい利用方法やメリット・デメリットを把握していないとかえって損をすることにもなりかねません。そこでまずは、プリペイドSIMのメリットをご紹介します。

▲ 目次に戻る

3-1.契約の必要がなく、店舗で購入するのみで使用可能

大手キャリアと比べて2年契約やオプション入会などの縛りがないことが多い格安SIMですが、事業者と契約するのが前提となります。それに対して、プリペイドSIMは契約の必要がなく、購入したら簡単な開通手続きのみですぐに利用することができます。契約しないので解約をした際の違約金もありませんし、使い続けなければいけない縛りもありません。しかも家電量販店だけでなく、コンビニやネット通販でも購入可能と、ふと思い立ったときに手軽に始められるのは大きいポイントです。

▲ 目次に戻る

3-2.使い切りタイプなので無駄な費用を払う心配がない

大手キャリアも格安SIMも、うっかり解約するのを忘れてしまえば使わなくても料金がかかってしまいます。その点プリペイドSIMは使い切るか利用期限が切れれば終わりなので、その後の料金が一切かかりません。忙しい人、忘れっぽい人にはうれしいシステムです。

▲ 目次に戻る

3-3.プランによってはそのまま継続も可能

プリペイドSIMを提供している企業は、月額制の格安SIMも提供しています。プランによってはそのまま格安SIMとして使い続けることも可能です。自分に合わなければ使い切ったあとそのまま、乗り換えようと思ったら契約すればいいという自由さは、大手キャリアのプランや格安SIMではなかなか得られません。

▲ 目次に戻る

3-4.クレジットカードや銀行口座を持っていなくてもOK

格安SIMの支払いは、その多くがクレジットカード払いで、口座引き落としはごく一部です。その点プリペイドSIMは店頭で販売されているため、現金で購入可能。やむをえない理由によりクレジットカードを持っていない人、現金主義で銀行口座を持たない人、個人情報をできるだけ登録したくない人でも容易に購入支払いができます。

また、店舗で購入するということは、レシートや領収書が出るということ。つまり、ビジネスで利用する場合は、経費申請の際にクレジットカード利用履歴を提出したり通帳をコピーしたりする必要がありません。

▲ 目次に戻る

3-5.初期費用がかからない

通信契約の申し込み時に発生する「手数料」。プリペイドSIMにはそれがありません。手数料が余計な出費というわけではありませんが、できれば安いにこしたことはありませんよ。データ通信の費用だけを払えばよいというのはわかりやすいです。

【関連記事】
格安SIMやプリペイドSIMを利用するには携帯キャリアに契約していなければ出来ないのですか?

▲ 目次に戻る

4.プリペイドSIMのデメリット

プリペイドSIMのデメリット

メリットが多いプリペイドSIMですが、もちろんデメリットも存在します。デメリットもしっかり理解して選択することが重要です。

▲ 目次に戻る

4-1.格安SIMに比べて料金が高い

月額料金タイプの格安SIMと比べ、プリペイドSIMはひと月あたりの使用料金が割高です。例えばIIJmioのデータ通信専用SIMで、3GB/1ヶ月の容量プランが900円ですが、プリペイドパックは2GB/3ヶ月で3,791円(2017年1月現在)とかなりの差があります。ただデータ通信専用SIMの場合は3,000円の初期費用がかかるので、トータルで見るとプリペイドの方が安いとも言えます。短期間しか使わないのであればプリペイドパックがおすすめです(価格はすべて税抜き)。

ちなみに、プリペイドSIMには有効期限が存在します。2つの期限があり「開通手続きが可能な有効期限」と「開通手続きをしてからの使用期限」です。開通手続きまでの期限が購入してすぐということはありませんが「いざという時のための予備に買っておく」ということはできません。また、使用期限までに使い切らないと残った容量は無駄になってしまいますので、注意が必要です。

▲ 目次に戻る

4-2.音声通話やSMSが利用できない

海外旅行用のSIMの一部を除き、プリペイドSIMでは、いわゆる070/080/090番号での音声通話は利用できません。有効な電話番号が無いのでSMSも利用できません。SMSはさまざまなサービスの認証に使われているので、いざという時に困らないためにも利用しているサービスの認証方法を把握しておくことはとても重要です。

プリペイドSIMを差したスマートフォンでも、データ通信を利用するIP電話やLINE、Skypeなどでの通話は利用できます。ただしIP電話でも110番や119番などの緊急通報にかけることができない点には注意してください。

▲ 目次に戻る

5.プリペイドSIMを利用する前に確認したいこと

プリペイドSIMを利用する前に確認したいこと

何も確認せずにプリペイドSIMを購入すると、実は自分のスマートフォンでは使えなかった、という事態になりかねません。まずはプリペイドSIMが使えるのか、使えるならどのプリペイドSIMが適合しているのかを知りましょう。申し込みをするプリペイドSIM事業者のホームページに「利用可能端末」が記載されていることが多いので、自分のスマートフォンが含まれているか確認してから購入しましょう。

▲ 目次に戻る

5-1.スマートフォンのSIMロック

大手キャリアが提供しているスマートフォンを使用しているのであれば、ほとんどの場合「SIMロック」がかかっています。SIMロックとは、簡単に言うと、そのキャリアの回線しか使えないようになっていることです。基本的にSIMロックがかかっているスマートフォンに別のキャリアが提供しているSIMを差しても通信を利用することはできません。

さて、ここでプリペイドSIMを提供している事業者(MVNO)について説明します。MVNOは、独自の通信網を持っているわけではなく、大手キャリアの回線を借りて、その回線を使った通信サービスを提供しています。例えばMVNOであるmineoでは、月額料金プランに「ドコモプラン」と「auプラン」がありますが、ドコモプランならドコモから借りた回線を、auプランならauから借りた回線を使用しているということになります。

先程、SIMロックは「そのキャリアの回線しか使えないようになっている」とお話ししました。つまり、大手キャリアのSIMロックがかかっているスマートフォンでも、それがドコモであればドコモ回線を使用している格安SIMならSIMロックを解除しなくても使用することができます。

それはプリペイドSIMでも同様です。プリペイドSIMで使いたいスマートフォンがSIMロックされているキャリア提供の端末でしたら、利用検討しているプリペイドSIMで動作するかを必ず調べましょう。

ただし海外で購入するプリペイドSIMを利用の場合は、端末のSIMロック解除が必須です。その場合は、キャリアに申し込めばSIMロックを解除することができます。2015年5月以降に販売した端末に関しては原則SIMロック解除が可能ですが、購入から6ヶ月以上経っていることが条件となっています。なお、2015年4月以前に販売された端末のSIMロック解除に関しては、各キャリアの窓口にお尋ねください。

▲ 目次に戻る

5-2.スマートフォンのSIMカードのサイズをチェック

現在スマートフォンで使われているSIMカードのサイズには3種類あります。

・標準SIM(25mm×15mm)
・micro SIM(15mm×12mm)
・nano SIM(12.3mm×8.8mm)

標準SIMに対応している機種は、現在非常に少数です。しかし用意している事業者は多いため、間違って選ばないように気をつけましょう。micro SIMとnano SIM両方が使える機種も存在します。

なお、パッケージのサイズの違いだけですので、もし仮に小さすぎた場合はサイズを大きくするためのアクセサリーを別途購入することで使用可能になります。ただ余計な出費となりますので、購入前であれば確認してくださいね。

▲ 目次に戻る

6.プリペイドSIM利用の流れ

プリペイドSIM利用の流れ

確認が終われば、あとは利用するための手続きをするのみです。ここではプリペイドSIMの利用の流れをご紹介します。

▲ 目次に戻る

6-1.プリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMが購入可能なところは、家電量販店やMVNOのWebサイトから、amazonなどの通販サイトやコンビニまでと多岐に渡っています。選ぶポイントは人それぞれ。まだどのプリペイドSIMにするか決まっていない場合は、家電量販店で店の人に聞きながら選ぶのもいいでしょう。反対に購入するものが決まっていて、とにかく早く手に入れたいならコンビニで購入するのもおすすめです。

▲ 目次に戻る

6-2.開通手続きをする

プリペイドSIMパッケージを購入すると、中に開通手続きの方法が書かれています。難しいことはありませんが、電話やインターネットでの申込み手続きがいる場合が多いため、何の連絡手段もない場所では行わないことをおすすめします。

▲ 目次に戻る

6-3.スマートフォンにSIMカードを差して、接続設定をする

スマートフォンにSIMカードを挿入したら、接続先などの設定を行います。どうしても設定方法がわからない場合は購入したMVNOのWebサイトを見てみましょう。FAQを用意していたり、初期設定を行う有料サービスを提供している事業者もあります。

これで利用の設定は完了です。

【関連記事】
simカードの動作確認 家電量販店でプリペイドsimカードを購入しましたが手持ちのタブレットで動作しますか?

▲ 目次に戻る

7.プリペイドSIMを提供しているMVNO各社を比較

格安SIMを提供しているMVNOは数多くありますが、プリペイドSIMも用意しているところはそれほど多くありません。少ない中から自分に合ったプリペイドSIMを選べるよう、各社の特徴と、あわせて海外で使用できるプリペイドSIMについてもご紹介します(表示価格はすべて税抜)。

▲ 目次に戻る

7-1.mineo

mineo プリペイドSIM

ドコモの回線を使っているMVNOが多い中、auの回線とドコモの回線の2回線を扱うのがmineoです。プリペイドSIMも、ドコモ回線のものとau回線のものをそれぞれ用意しています。最大2ヶ月利用可能で1GB/3,700円と比較的高めの料金設定ですが、そのまま月額プランに変更した場合事務手数料3,000円が無料になりますので、格安SIMのおためし版として利用するのに向いています。残ったデータ容量も引き継げますし、SIMの変更も必要ありません。

ただ、手数料が無料になるのは「データ通信プラン」のみです。「データ通信+音声通話プラン」に変更する場合は、データ通信プランから音声通話込みのプランに変更するための事務手数料2,000円がかかります。また、プリペイドSIMの利用期限を過ぎると変更できなくなる点にも注意してください。

また、mineoでは海外で使えるプリペイドSIMも取り扱っています。データ容量のプランは30MB、100MB、500MB、1GBの4種類から選べ、中国・香港・台湾・韓国・タイ・アメリカ・ヨーロッパの7つの地域から1つを選んで利用することが可能です。それ以外の国は従量チャージ制で、地位毎によって単価が異なります。アメリカ・ヨーロッパなら、その地域の対象国であれば、複数の国にまたがっていても使用することができます。利用期限がないので、頻繁に行く国があれば1枚持って必要な時にチャージするだけでいつでも使うことができます。

・mineo プリペイドパック
・mineo 海外用プリペイドSIM

▲ 目次に戻る

7-2.IIJmio

IIJmio プリペイドSIM

IIJmioも月額料金プランではドコモ回線のプランとau回線のプランがありますが、プリペイドSIMはドコモ回線を利用するものしか販売していません。つまり、mineoと同じように3,000円かかる手数料無料で月額料金プランに変更可能ですが、無料になるのはドコモ回線のプランでデータプランにする場合のみです。au回線のプランに変更したい場合は、有償でSIMカード交換をする必要があります。

しかし、3ヶ月で2GBと長く使えるのはかなり魅力的。じっくりゆっくりためしたい人にはおすすめです。
海外用SIMは、データ通信プランと音声付きプランで料金が異なります。始めにスタートパックとして500MB分使えるSIMを購入し、不足したらチャージして使う仕組みです。IIJmioのWebサイトで購入できるほか、ビックカメラ、ソフマップ、コジマでも同じ内容の「BIC SIM」が購入可能です。

・IIJmio プリペイドパック
・IIJmio 海外トラベルSIM

▲ 目次に戻る

7-3.U-mobile

U-mobile プリペイドSIM

U-mobileはドコモの回線を借り受けているMVNOです。プリペイドSIMはデータ容量ではなく、利用期間によってプランがわかれています。かといって期間内であれば無制限に高速データ通信が使い放題というわけでなく、1日に200MBまで高速データ通信が可能です。200MBを超えた場合は通信速度がかなり落ちますが、使えなくなるというわけではありません。期間内は確実に使えるという保証があるので、使う期間が明確に決まっているときに便利です。追加チャージは行うことができないので、利用期間が過ぎたら再度購入する必要があります。

U-mobile特徴の一は、開通手続きが不要な点です。もちろんAPN設定と呼ばれる接続設定は必要ですが、それを終えればすぐに利用が可能です。

U-mobileのプリペイドSIMは、空港やホテルなどかなり販売店舗が限られていますが「プリペイド YAMADA SIM powered by U-mobile」であればネットショップやヤマダ電機で購入可能です。内容に違いはありませんので、こちらで購入するとよいでしょう。

・U-mobile プリペイド

▲ 目次に戻る

7-4.OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE プリペイドSIM

OCNモバイルONEのプリペイドSIMは、期間型と容量型を選べるのがいちばんの特徴です。3つのプランがありますが、30日間30MB/日で使える期間型のタイプは割高のため、20日間50MB/日で使える期間型か、1GBの容量型のどちらかをおすすめします。どちらも期間延長、容量追加が可能ですし、月額料金プランに変更することもできます。どちらがいいかは使い方や好みによると思いますので、好きな方を選択してください。

・OCN モバイル ONE(プリペイド)

▲ 目次に戻る

7-5.b-mobile

b-mobile プリペイドSIM

月額料金プランでは25GBで2,380円~と、圧倒的な安さを誇るb-mobileは、プリペイドSIMではユニークなプランを用意しています。

まず通常のプリペイドSIMには「容量型なのに期間によってプランが分かれている」という特徴があります。30日、180日、360日の3つのプランがあり、30日ごとに5GB使うことができます。もちろんプリペイドSIMなので、事前に現金で料金を支払うことが可能。チャージをして継続利用することもできますが、その際にはクレジットカードが必要です。

また、アプリ「Pokemon GO」の通信にのみ使えるプリペイドSIM「b-mobile ゲームSIM」も取り扱っています。利点としては、やはり子どもが使っても安心という点でしょう。他のアプリやインターネットでは通信をすることができないので、スマホを「Pokemon GOのためのゲーム機」にすることができます。

・b-mobile プリペイド商品

▲ 目次に戻る

7-6.楽天モバイル

楽天モバイル プリペイドSIM

格安SIM販売トップシェアを誇る楽天モバイルのプリペイドSIMは容量型で、プランは1GBと2GBの2種類。容量が不足したらチャージすることもできます。

安定した通信速度など利点はたくさんありますが、「貯まりやすい楽天ポイントを購入時に使用できる」というのはいちばん大きなメリットではないでしょうか。楽天のユーザーなら、、かなり安く抑えられることでしょう。

海外用のSIMはプリペイドSIMを3,000円で購入し、そのSIMに地域別のパックをチャージしていくシステムです。地域はヨーロッパ、北アメリカ、アジアと分かれており、地域によって料金が異なります。地域パックに含まれてない国はクレジット制で、あらかじめクレジットを購入しておき、使用した分だけ引き落とされていくシステムです。国によって料金は異なります。

・楽天モバイル プリペイドSIM
・楽天モバイル 海外SIM


【関連記事】
おすすめのプリペイドsimを探しています

▲ 目次に戻る

8.長期利用ならプリペイドSIMより格安SIMがオトク

長期利用ならプリペイドSIMより格安SIMがオトク

プリペイドSIMは長期利用目的で購入するのには向いていません。b-mobileのように長期プランが用意されている場合は別として、数日単位や1GBごとのプリペイドSIMを、チャージしたり繰り返し購入したりして使い続けるなら、早めに月額料金プランに変更した方が断然オトクです。

ただ、どうしても格安SIMを選択できない場合は、格安SIMに比べれば割高ですが、大手キャリアよりは低価格におさえることができます。プリペイドSIM間なら乗り換えがしやすいと思います。自分に合ったプリペイドSIMを徹底的に探してみてください。

プリペイドSIMは使い切ったり有効期限が切れたり際、解約手続きをする必要はありません。しかし、提供元の事業者によっては返却する必要があります。返却されない場合の損害金が設定されている事業者もありますので、購入した時はパッケージや事業者のWebサイトの記載を必ず確認しておき、返却忘れがないように気をつけましょう。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

本宮びわ

本宮びわ

演劇、エンターテイメント業界を経て、メディアライターへ。
現在は、IT関係・ヘルスケア・法務会計などを中心として執筆活動中。
以前の経歴で培った「表現力」を活かして、何より、誰にでもわかりやすい文章を心がけています。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

手軽に始められると評判のプリペイドSIMとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

カテゴリ