[特集]格安SIMの強い味方!スマホの「IP電話アプリ」

「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。
Q&Aでは一般の回答者とともに専門家も回答します。
ITにまつわる疑問や困ったことはここで解決しましょう!!

なくしてからでは遅い!iTunes・iCloudを使ったiPhoneのバックアップと復元方法まとめ

なくしてからでは遅い!iTunes・iCloudを使ったiPhoneのバックアップと復元方法まとめ

iPhoneをなくしてしまった時や機種変更をした時、バックアップデータがあれば連絡先(電話帳)や写真の復元だけではなく、アプリやiPhone内の設定なども細かく復元することができます。 バックアップには、iTunesを使った方法とiCloudを使った方法の2種類があります。
この記事ではiPhoneユーザーなら必ず押さえておきたい、iTunesとiCloudを使ったそれぞれのバックアップ方法と、その違いやデータ復元方法を紹介します。

1.iPhoneにおけるバックアップとは?

iPhoneにおけるバックアップとは?

iPhoneを使っていて、バックアップが必要になるのはどのような時でしょうか。
バックアップはiPhoneを紛失した時や機種変更をした時など、新しいデバイスへデータを復元、もしくは移動させたい時に必要です。iPhoneのバックアップを残す方法には、iTunesを使った方法とiCloudを使った方法の2つがあります。どちらもバックアップしてデータを残すという目的は同じですが、実は残せるデータが一部異なります。また、手間や時間のかかり方も違うなど、どちらにもメリットとデメリットがあります。

どちらの方法が適しているかはご自分次第です。この記事を読んでどちらが自分に適しているのか見極め、いざという時のためにしっかり細かくバックアップを残すようにするとよいでしょう。

▲ 目次に戻る

2.iTunesを使った方法

iPhoneにおけるバックアップ iTunesを使った方法

まず、iTunesを利用したバックアップの残し方と、そのバックアップデータを使った復元の方法をご説明します。初期の頃からiPhoneを使っているユーザーにはおなじみの方法かと思いますが、今一度バックアップと復元の方法を確認していきましょう。

▲ 目次に戻る

2-1.iTunesを使ったバックアップの方法

iTunesを使ったバックアップのいちばんの特徴は、バックアップデータを残す場所がPCであるという点です。PCにバックアップを保存するということで、使えるストレージはPCの空き容量によって変わってきます。iTunesを使ってバックアップを行う場合は、PCの空き容量を確認してから行うようにしましょう。準備するものは、iTunesをダウンロードしたPCと、ライトニングケーブルです。

● iTunesを使ったバックアップの手順

1. PCでiTunesを起動し、ライトニングケーブルを使ってiPhoneとPCを接続します。
この時、iPhoneがパスコードロックされていれば、パスコードロックを解除しておいてください。またiPhone上に「このPCを信頼しますか?」という表示が出る場合があります。その場合は「はい」を選択してください。

2. iTunes上に、接続したiPhoneが表示されたら選択し、ウィンドウの左側に表示されている「概要」をクリックします。

3. ウィンドウの右側にバックアップについての設定画面があるので、その中でiCloudではなく「このコンピュータ」を選んでください。「iPhoneのバックアップを暗号化」という項目がありますが、ここにチェックを入れなければヘルスケアのデータやWebサイトの履歴などのアクティビティデータはバックアップに残りません。バックアップで残せるデータについては後述しますが、この項目は初期の状態ではチェックが入っていないので、入れておくことをおすすめします。
※暗号化の設定時に入力したパスワードは復元時に必要となりますので、忘れることがないように、手元に控えておきましょう。

4. 最後に「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まります。

バックアップが正常にできているかどうかは、iTunesの「環境設定」から「デバイス」を選択すると最後にバックアップを残した日時が表示されるので、そこで確認してください。

▲ 目次に戻る

2-2.iTunesを使った復元の方法

バックアップと同様に、iTunesを立ち上げてiPhoneをPCに接続します。バックアップの上にあるデバイスの欄に「iPhoneを復元」があるので、クリックしてください。

復元するデータの確認画面がポップアップで表示されるので、バックアップの日時を確認し、「復元」をクリックしてください。なお、バックアップを暗号化している場合はパスワードを入力する必要があります。

あとはしばらく待つだけでiPhoneが自動的に再起動し、復元は完了します。データの量によっては時間がかかりますが、復元が完了してもPCとの同期が終わるまでは、ライトニングケーブルを抜かずに待ってください。

▲ 目次に戻る

2-3.iTunesでの復元中に起こるトラブルの対処法

iTunesでの復元中、トラブルが発生することがありますので、その対処法をご説明します。基本的な対処法はトラブルの種類に関係なく共通なので、代表的なトラブルの対処法をご紹介しておきます。

PCがiPhoneを認識しない時や、iTunesでバックアップをうまくとれない時、また復元がうまく完了しない時などに試してみてください。

(1)使用しているiTunesを最新のバージョンに更新する
(2)PCのソフトウェアを最新のバージョンに更新する
(3)接続しているiPhoneのパスコードが解除されているか確認する
(4)純正品のライトニングケーブルを使う
  ※充電専用のケーブルはデータが移行できないためバックアップおよび復元には使用できません
(5)接続しているUSBポートを別のUSBポートに変える
(6)PCとiPhoneを再起動してから再度、接続する
(7)バックアップデータを選択しているものと別のものにする
  ※最新ではない状態に復元されます。

これらを試してもうまくいかない場合は、PCを別のものに変えて初めからやり直してみると、うまくいくことがあります。

【参考Q&A】
iPhoneのiTunesでのデータ移行

▲ 目次に戻る

3.iCloudを使ったバックアップの方法

iPhoneにおけるバックアップ iCloudを使った方法

次に、iCloudを使ったバックアップ方法をご紹介します。

▲ 目次に戻る

3-1.iCloudを使ったバックアップの方法

iCloudを使ったバックアップに必要なのはWi-Fi環境だけです。iTunesでのバックアップはPCにデータを残すのに対し、iCloudはApple社のサーバ上にデータを残すものです。そのため、Wi-Fi環境さえあればどこでも手軽にバックアップをとることができます。

● iCloudを使ったバックアップの手順

1. iPhoneがWi-Fiに接続されていることを確認してください。

2. iPhoneの「設定」を起動します。

3. 「設定」の画面をそのまま下にスクロールし、「iCloud」を選択します。サインインしていない場合はApple IDとパスワードを入力する画面が表示されるので、入力します。

4. iCloudの画面をスクロールし、「バックアップ」をタップします。

5. バックアップの画面が表示されるので「iCloudバックアップ」をオンにします。左側が緑になっていればオンの状態です。

6. 最後に「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、自動でiCloud上にバックアップが作成されます。バックアップが終わるまではWi-Fi環境から離れないように、また、Wi-Fi設定をオフにしないようにしてください。

バックアップが正常に終了したかどうかは、iCloud画面の「容量」をタップし、「ストレージの管理」からバックアップの情報のバックアップ日時を見て確認します。最新のバックアップの日時が、現在時刻になっていればバックアップは無事に完了しています。

iCloudバックアップをオンにしたままにしておくと、iPhoneが電源とWi-Fiに接続されていて画面がロックされている時に自動的にバックアップしてくれます。ただし、iCloudのストレージの空き容量が不足している場合はバックアップが正常に完了しないので、事前に確認しておく必要があります。

▲ 目次に戻る

3-2.iCloudを使った復元の方法

復元したいiPhoneが既に使用されている状態(以前使っていたiPhoneなど)の場合は、「設定」アプリの「一般」から「リセット」を開き、デバイスのコンテンツをすべて消去してください。リセットされたiPhoneや新品のiPhoneのロックを解除するとさまざまな言語で「こんにちは」と表示されます。言語設定などを行うとWi-Fi設定の画面が表示されます。

iCloudで復元する場合は、Wi-Fi設定はスキップせずに必ず行ってください。携帯会社のモバイルデータ通信では、iCloudからの復元はできません。そのまま設定を進めると「Appとデータ」という画面が表示されます。ここで「iCloudバックアップから復元」を選択するとサインイン画面でApple IDとパスを求められるので、入力します。あとは復元に使用する最新のバックアップデータを選択すれば復元が開始されます。

バックアップの時と同様にWi-Fi環境から離れないよう注意してください。また、復元中に電池がなくなると正常に完了しないので、充電しながら復元することをおすすめします。

【参考Q&A】
iPhoneからiCloudへの写真のデータ移行が出来ません

▲ 目次に戻る

4.iTunesとiCloudのバックアップの違い

iTunesとiCloudのバックアップの違い

ここまで、iPhoneのバックアップにはiTunesとiCloudを使った2種類の方法があることをご説明してきました。ここからは、それぞれの方法のメリットとデメリットをご紹介します。どちらの方法でバックアップを残すのが自分に向いているのか、検討してみてください。

▲ 目次に戻る

4-1.iTunesでのバックアップのメリット・デメリット

iTunesでバックアップをとる一番のメリットは、iCloudより多くのデータや設定を残せる点です。

購入したコンテンツはiCloudのバックアップでは残せませんが、これはiTunesの「購入した項目を転送」という機能を使うことで再ダウンロードすることができます。つまり、ほぼすべてのデータと設定を残すことができるというわけです。

デメリットは、iCloudと違い自分のPCにデータを残すので、そのPCが故障した場合や紛失した場合は当然ながらバックアップデータもなくなってしまう点です。

また、毎日PCを使う環境にない人にとっては、わざわざバックアップのためにPCを立ち上げる必要がありますし、PCを立ち上げても毎回iPhoneを接続するわけではありません。そのため、バックアップデータが常に最新化されるわけではないという点もデメリットとしてあげられます。

▲ 目次に戻る

4-2.iCloudでのバックアップのメリット・デメリット

iCloudでバックアップをとる一番のメリットは、Wi-Fi環境さえととのえば、でバックアップを残せる点です。Wi-Fiに接続されて、充電中の状態でロックされていれば自動でバックアップが残るのも、いざという時には大きなメリットです。

自宅にWi-Fi環境があり、寝ている時間を使ってに充電する人にとっては、バックアップを気にすることなく自動でバックアップが残るのはとても便利です。また、Wi-Fi環境さえあれば場所を気にせずに復元できるため、万一旅行先などでデータ紛失した場合にも、PCなしで復元が可能です。

デメリットとしては無料で使える容量が少ないことが挙げられます。
iCloudでは5GBまでは無料ですが、それ以上は容量により月額で有料です。最大2TBまで増やすことができますが、その場合値段は月2500円かかります。 iTunesであれば、自分のPCの空き容量によるので基本的に追加での費用は発生しません。

5GBを超えた場合は、バックアップを必要としないアプリをバックアップの設定でオフにすれば容量が5GB以下になり、無料でバックアップを残すことができます。容量の確認は「設定」アプリから「iCloud」を選択して行います。すると容量が表示され、タップすると全ストレージ容量と使用可能容量が表示されます。

▲ 目次に戻る

4-3.iTuneとiCloudで残せるデータの違い

では、iTunesとiCloudで残せるデータと設定は具体的に何が違うのでしょうか。

●iCloudへ残せないデータ
iTunesは基本的にはほぼすべてのデータと設定が残せます。iCloudには残せないバックアップデータは以下です。
・バックアップとは別にiCloudに既に保存しているデータ(連絡先や写真など)
・iCloud以外のクラウドサービスで既に保存されているデータ(Gmailなど)
・通話履歴やマップのブックマーク、IDなど各アプリの中に保存されているデータ
・iTunes以外で購入しiPhoneに入れていた音楽などのデータ

iTunesとiCloud共通で残せないデータ
・iTunesやApp Storeで購入した再ダウンロードができるコンテンツ
・Apple Payの情報と設定内容
・Touch IDの設定内容は残せません。

これらのデータは、新しいデバイス上で再度ダウンロード、設定をする必要があります。

こうしてまとめると、残せるデータにはさほど大きな差がないように感じますが、アプリのバックアップには大きな違いがあります。

iTunesのバックアップはそのままコピーを残すのですが、iCloudのバックアップはダウンロードしているアプリのみ記憶して再ダウンロードしているのです。結果、iCloudの場合は復元したあとに各アプリでログイン作業の発生や履歴の消失が起こる場合があります。

また、iCloudのバックアップはとは、すなわち「再ダウンロードする」ことでもあるで、App Storeからなくなってしまったアプリは使用できなくなります。お気に入りのアプリが販売終了となった場合は、iTunesでバックアップを残しておくことをおすすめします。

【参考Q&A】
iPhoneアドレス帳整理時の個別保存/復元について

▲ 目次に戻る

5.バックアップの注意点や便利な使い方など

バックアップの注意点や便利な使い方など

ここまでiTunesとiCloudでのバックアップについて説明してきました。次に、それぞれのバックアップの注意点と便利な使い方をご説明します。

▲ 目次に戻る

5-1.iTunesのバックアップの注意点と便利な使い方

iTunesのバックアップの注意点は、アプリ内や各Webページなどで使用しているIDとパスを忘れないようにすることです。iTunesではアプリやSafari内のIDとパスもバックアップに残せるので、いざ必要な時に忘れてしまいがちです。一般的なことではありますが、注意してください。

iTunesの便利な使い方は、バックアップのバックアップが残せることです。iTunesのバックアップはPCにデータが残っているので、PCが故障するとバックアップデータも使えなくなる可能性が高くなります。

▲ 目次に戻る

5-2.iCloudのバックアップの注意点と便利な使い方

iCloudのバックアップの注意点としては、180日でバックアップデータが消えてしまう可能性があるということです。iCloudのバックアップデータはApple社のサーバに残るのですが、180日以上経つとApple社はそのバックアップデータを削除する権限をもつことができる、とiCloudの規約「iCLOUD TERMS AND CONDITIONS」に記載があります。つまり、180日以上バックアップを取らなかった場合、Apple社に勝手にバックアップを消される可能性があるということです。もちろんこれは180日以上経つと自動で消える、というわけではありませんが注意が必要です。また、iPhone上に「Not Enough Storage」と警告が出ているにも関わらず、そのままにしている方は特に要注意です。

バックアップの容量を5GB以上にするか、バックアップの必要のないものを設定から外すなどして、バックアップデータが更新されるようにしてください。180日でバックアップデータが消えないようにするためにも、自動でバックアップが残るように設定しておくのが安心です。

▲ 目次に戻る

6.バックアップと復元にかかる時間

バックアップと復元にかかる時間

バックアップや復元には思った以上に時間がかかった、という方は多いのではないでしょうか。いざバックアップの作業を始めてみて、画面に「残り時間は○時間です」のような表示が出て驚いた経験があるかもしれません。iTunesとiCloudではどちらがバックアップ、復元に時間がかかるのでしょうか。

データ量やWi-Fi速度によってもちろん変わってくる部分もありますが、一般的に同じiPhoneのバックアップ、復元であればiCloudの方が時間がかかります。ライトニングケーブルで物理的にバックアップデータの保存先であるPCと繋いだ方が速くなるためです。
では、バックアップや復元にかかる時間を短縮するにはどうすればよいのでしょうか。

▲ 目次に戻る

6-1.バックアップにかかる時間を短縮する方法

まず、バックアップ作業に入る前にデータの整理をすることが一番の時間短縮になります。

(1)まずは意外と容量を占めている写真と動画、そしてメッセージをそれぞれのアプリで確認し、不要な物は削除してください。
(2)次に、いらないアプリを削除してください。使っていないアプリも削除しなければバックアップデータが残るため、バックアップの容量が大きくなり、その分時間もかかります。
(3)「設定」アプリの「iCloud」からバックアップの必要がないアプリはバックアップをオフにしてください。特にiCloudでバックアップを残す方は容量に制限があるので、消したくないがバックアップまではいらないというアプリはここですべてオフにしてください。
(4)バックアップが不要のアプリをオフにしたら、そのまま「設定」アプリで「プライバシー」の下にある「位置情報サービス」をオフにしてください。位置情報サービスは、位置情報を使うアプリを起動していなくても常に動いている状態なので、iPhoneに負荷がかかるだけでなくWi-Fiにも負荷がかかりバックアップの時間を延ばしてしまいます。
(5)最後にバックアップ作業に入る前にiPhoneの中で動いているアプリをすべて閉じてください。ホームボタンを2回タップして動いているアプリを確認し、すべてのアプリ画面を上にスライドさせて閉じてください。

こうすることで、iPhone自体の動作を軽くすることができます。

▲ 目次に戻る

6-2.復元にかかる時間を短くする方法と復元が完了しない時の対処法

バックアップするデータが少なければ少ないほど、復元にかかる時間も短くなります。また、iCloudのバックアップから復元する場合は、当然のことながらWi-Fiが強ければ強いほど、また安定したWi-Fi環境であるほど、復元にかかる時間も短くなります。それでもやはり復元にかかる時間は数時間になることがほとんどかと思います。

まれに、数時間経っても復元が完了しない場合があります。ちゃんと復元作業が進んでいるのか不安になることがあるかと思いますが、そのような場合は思い切って復元を初めからやり直すとうまくいく場合があります。バックアップデータが破損している場合にも、いくら待っても復元が完了しないというトラブルが起こります。

このような場合は、バックアップデータするデータを選ぶとき、多少古くても別のものにすると正常に復元できる可能性があります。復元作業中のiPhone画面に進行度を表すバーと残り時間が表示されますが、それが数時間待っても進んでいる用に見えない時は、何かしらのトラブルが起こっている可能性も考慮したほうがよいでしょう。

【参考Q&A】
iPhone データ移行

▲ 目次に戻る

7.iCloudのバックアップのセキュリティ

iCloudのバックアップのセキュリティ

2016年5月ごろ、芸能人などの著名人を含めた複数の方がiCloudに保存していた写真などをのぞき見されるという事件がありました。犯人は逮捕され、その手法も明らかにされました。しかし、この件でiCloudにバックアップデータを残すことに不安を覚えた方も多いのではないでしょうか。

iPhone7などで利用できるApple PayのクレジットカードデータなどはiCloudのバックアップ対象外です、しかし、セキュリティ上の被害がデータだけでなくお金にまで及ぶ可能性もあるのではないか、という不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

iCloudのデータのぞき見事件は、iCloudの仕様などに不備があったのではなく、IDとパスワードを盗まれ、不正ログインをされることから起こりました。 iCloud自体は、バックアップデータがサーバへ送受信されている間も、サーバで保管されている間も、不正アクセスができないように暗号化などの対策が取られています。しかし、たとえばIDとパスワードを、名前や誕生日などを組み合わせた単純なものにしていた場合は簡単に見破られてしまいます。また、メールでメモとしてどこかへ送っていた場合は、メールサーバをハッキングされればIDとパスワードが流出してしまいます。

つまり、iCloudのセキュリティで重要なのはIDとパスワードをしっかりと管理し、パスワードは推測されにくいものにし、定期的に変更するようにすることです。

特にバックアップデータは、写真だけでなく連絡先などの個人情報も含まれています。 誰か一人のIDとパスで不正ログインされるだけで、その人のiPhoneに保存されているすべての人の電話番号などが盗まれてしまいます。また、位置情報サービスを使った「iPhoneを探す」というアプリもIDとパスワードがわかれば使えてしまうため、その人が今どこにいるのかまで知られてしまう可能性があります。自宅にいた場合は、自宅の場所まで特定できてしまいます。

繰り返しになりますが、これはiCloudにバックアップを残すことによる脅威ではなく、IDとパスワードを盗まれることによる脅威です。推測されやすいパスワードや単純なパスワードは避け、定期的に変更するのを忘れないようにして下さい。

▲ 目次に戻る

8.まとめ

iTunes・iCloudを使ったiPhoneのバックアップと復元の方法まとめ

ここまで、iPhoneのバックアップと復元方法についてご紹介してきました。iPhoneは携帯電話というよりは、既に手軽なPCのようなものとして使われています。そのため、iPhone重要な情報を保存している人も増え、いざという時のためのバックアップが非常に重要になってきました。

iPhoneを機種変更した後に使わなくなった古い端末など、モバイル端末としては使っていない過去のiPhone本体を残しておくことも有効です。使っているiPhoneが故障した時に旧端末へ最新のバックアップデータを復元し、SIMを移し替えれば、すぐにもとのiPhoneとして使用することができるので非常に便利です。

バックアップはiTunesとiCloudで可能ですが、どちらか一方ではなく両方でバックアップを残すこともできます。どちらがよいのかを考えた場合、iTunes、iCloud双方のメリットとデメリットを理解し、双方にバックアップを残しておくのがいちばん安心かも知れません。

iTunesは細かくデータのバックアップを残せますが、PCにつなぐことが必要なので、利便性には乏しいといえます。反対に、iCloudは、自動でほぼ毎日バックアップを取ることができますが、アプリやコンテンツは基本的に再ダウンロードになり、後から細かい設定が必要になることを覚えておいてください。

iPhoneを新機種に買い替えてわくわくする時も、紛失してしまって落ち込んでいる時も、バックアップしたデータがあれば不安は解消されます。ぜひ役に立ててください。

▲ 目次に戻る

この記事の執筆者

佐藤和子

佐藤和子

コンサルティングファーム、美容系サイトの広告営業などを経て、現在は2児のママライター。
IT、美容、ライフスタイル関連の話題で多く執筆しています。

ITライフch

「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。

なくしてからでは遅い!iTunes・iCloudを使ったiPhoneのバックアップと復元方法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

関連するQ&A

  • iPhone3Gの母艦をMacからWindows 7へ移行するには? iPhone3Gの母艦をMac(OS X 10.4.11)からWindows 7へ移行しようと思っています。 Win→Macは検索するとちらほら出てきますが、Mac→Winはなかなか見つかり...

  • アイフォンと、 アイパッドと、 マックブックエアーで、 アルバムを共有したいと思っています。 写真を撮るのは、アイフォンです。 これを、アイパッドで見たり編集したり、 ときに...

  • 今ウィンドウズのパソコンを使っています。 アイフォン4Sを持っていて、アイパッド2も持っています。 アイフォンのカレンダー、メモなどにメモしたこと、行事事をアイパッドに同期する...

  • iphone内のアプリをipadに同期 iphone内のアプリはipadに同期できるのでしょうか。 1,iphoneで使っている有料のアプリをipadに入れるには2回課金が必要なのでしょうか。 2,iphoneでDL無料のゲームを...

  • iPhoneが壊れてしまい、新しくiPhoneを買ったんですが、iPhoneに入ってる連絡先がほとんど入ってない状態で、iPadには連絡先が全部入ってる状態です。 それをiPadからiPhoneに連絡先を同期したい...

一般の回答者とともに、専門家も回答します!
気軽に質問してみましょう!

Q質問する(無料)

カテゴリ